« 著書「私が見た未来」完全版を読んで | トップページ | SATOメソッドと漢方 »

2022/05/30

リーディングタイプとヒーリングタイプ

一般的な気功では他者を癒すためには内気功を数ヶ月から数年練功して(中には数十年かかる気功もある)、宇宙の叡智から頭頂部へ気を取り入れ、大地の力から足裏に気を取り入れることができることです。

しっかりバランスよく取り入れるためには気の重心が「丹田」にあり、下半身に安定感があり、ぶれない事です。すぐに頭に上がってしまうようでは他者に外気功を施すことは不可能であり、むしろ体調を崩し、病気になってしまう恐れがあります。

だからプロの気功師になるためには内気功から始まり、内気功の練習を長期間行い、グラウンディングが安定すると、次のステップである外気功を施すことができるようになります。いわゆる他者を癒すことができるのです。

一方、SATOメソッドは対面式外気功を1週間に1回の間隔で5回受けただけで約80%の人が内気功ができるようになります。リーディングができることでもあります。いわゆる気や生命エネルギー、情報をキャッチすることができるようになります。一般的気功と違うのは短期間で気の重心が足裏まで下がり、安定感が比べて増します。気功を習った人たちは体験されて大変驚きます。

さらに気の重心が足裏まで下がると他者に外気功を施すことができるようになるのです。ヒーリングができることでもあります。すでにプロの気功師として施術している人達は「なんで外気功を5回しか受けていないのに信じられない」といい、従来の気功より効果が発揮してしまうことにさらに驚きます。

SATOメソッドで体験された人は5回、10回、15回と外気功を受けている間に気の重心が足裏から地球の中心→宇宙の中心→宇宙の中心の内奥へと初級レベルから中級→上級へとレベルアップし安定的に内気功と外気功、リーディンクとヒーリングができるようになります。リーディングとヒーリングには気の重心があり、重心が下がれば下がる程レベルアップするのです。

最近、興味深いことがわかってきました。一般的には前文にも書いた通り、リーディングの気の重心が下がれば下がる程並行してヒーリングの気の重心も下がっていくのですが、一部の人に、例えばヒーリングの気の重心が特異的に一方的に下がってリーディングの気の重心が並行していない場合があります。リーディングが得意なタイプとヒーリングが得意なタイプがあるのだろうか。何かその人には役割があるのかも知れません。只今研究中です。

|

« 著書「私が見た未来」完全版を読んで | トップページ | SATOメソッドと漢方 »