« 2022年3月 | トップページ | 2022年5月 »

2022年4月

2022/04/04

プーチン大統領の背後にいる存在

今回は連日マスコミ報道されているプーチン大統領の精神状態について、スピリチュアルな視点から感じてみました。

SATOメソッドが誕生して30年以上経ちます。

1990年にイメージを描くセミナーに参加したのが誕生のきっかけです。

イメージを描く人とイメージを感じる人とが組になって行うセミナーでした。私はとても感受性の高い人とペアを組んで、私が描くイメージをかなり正確に感じてくれました。

私自身は鈍感なのか目を閉じていると黒から紫色に変わり、その紫が動いているイメージだけでした。

劣等生だった私に奇跡が起きたのがペアを組んだ人のイメージが平面的だったのが、急に会場の天井から見下ろしているイメージに変わったのです。後でわかったことは臨死体験で言われている体外離脱に似た現象だったのです。

私はこの現象を知れば知るほど運命的なものを感じ、私が授かったこの力で人を癒すことが自分の転職なのだと確信するようになりました。そして、1年後に脱サラをし、佐藤気功センターを設立し、今日に至っています。

そして、90年代は約300人程の患者さんに体外離脱体験をしていただきまして、1992年と1993年にはSATOメソッドの体外離脱体験に関する原著論文が人体科学会の学会誌に掲載されました。「外気発功時における功能者と受け手の生体変化(人体科学第3巻第1号掲載)」及び「気功で変化する意識状態の生体計測(人体科学第4巻第1号掲載)」

次に、昨年の12月13日に「天と地Part2」のタイトルでブログを書きました。その中でサムシング・グレートから創造された3つの宇宙、時空のある物質宇宙(この世),時空のない非物質宇宙,そして霊的宇宙(あの世)を書きましたが、この世には光と影があると同じようにあの世にも存在することが90年代のときから知っておりました。

影の部分は闇の部分ともいえますが前者の論文「外気発功時における功能者と受け手の生体変化」(P42~P44)では肉体感覚喪失時の発功レベルに応じた体感報告①~③のレベル2で表現しました。

霊的宇宙は階層世界になっていて、時空のある物質宇宙で例えると、私達が住む地球と同じような姿をした意識体が存在し、その意識体の中もたくさんの階層になっており、その下層に闇の意識をもった意識体がいます。論文で表現しているレベル2はその一部です。

一方、地球のような意識体の上層(物質宇宙では大気圏のような)を抜けると無数の地球のような意識体が存在し、まさに物質宇宙では天の川銀河のようなたくさんの意識体がいました。地球以外の惑星や恒星のような意識体なのだろうか。個々の意識体が集まって霊的宇宙を構成していますが、その宇宙も階層になっていて、さらに階層を上昇していくとサムシング・グレートに到達します。

実際に患者さんが霊的宇宙の階層を体験された宇宙の姿や個々の意識体の中の階層を絵にして書いてくださいました。その絵を見るとなるほどと納得すると思いますが、文章ではわかりづらいと思います。ご縁があり、当センターに来院されたときは是非、絵を見たいとおっしゃってください。

話しを地球のような意識体の中の下層、レベル2に戻すと、私はもしレベル2から発する強烈な波動(邪気のような)とプーチン大統領が拘り、執着、囚われをもつ深い波動が一致したら、どのような精神状態になるのだろうか。論文の中の体感報告では「暗くて何も見えないのにおどおどしたものを感じ、気持ちが悪い。下降感覚があり、泥沼に引きずり込まれそうな感じ」と書かれています。連日報道されている戦場を見ると理性では想像できないことが起こっていると疑いたくなります。そのようなことを感じたのでブログを書きました。

 

 

 

|

« 2022年3月 | トップページ | 2022年5月 »