« 新しいインターネット社会 | トップページ | RNAワクチン接種について »

2021/05/31

間接的な気と直接的な気

数年前からSATOメソッドには外界の気(宇宙の叡智・大地の力)と内界の気があり、「浄化・再生」をコネクトすると、最初に内界の気がサムシング・グレートから直接肉体に入ってきて、体内のメカニズムが働いて、次に外界の気が霊的宇宙(宇宙の叡智)と地球の中心(大地の力)から肉体に直接入ってくることをブログで紹介してきました。

最近、サムシング・グレートから送られてくる気(収縮気・拡大気)は間接的に送られてくる気と直接的に送られてくる気があることに気づきました。SATOメソッドでは前者を外界の気と後者を内界の気と呼んでいます。間接的に送られてくる気はサムシング・グレートの下部にある霊的宇宙→時空のない非物質宇宙→時空のある物質宇宙と各宇宙を経由して送られてくる気です。直接的に送られてくる気はサムシング・グレートから時空のある物質宇宙に住む、私達の肉体に直接入ってくる気です。

具体的には、私達が住む肉体、物質の世界は時空のある物質宇宙ですが、多くの人達が五感で体感できる気です。例えば、太陽の光をいっぱい浴びている感覚ですが、これも元来気です。SATOメソッドではこれを「宇宙の叡智」と呼んでいます。一方、地熱や温泉などは「大地の力」と呼んでいますが、これも気です。物質に近い気として理解しています。意識は顕在意識になります。

次に顕在意識を感じながら潜在意識も少し感じられる場合です。呼吸法やイメージ、音楽療法、瞑想、断食などを行うことにより空、川、森、林、神社,仏閣、聖地など宇宙や自然の気を感じます。さらに顕在意識で感じていた太陽の光や地熱などを波動として感じられます。すべて外界の気のひとつです。

次に厳しいトレーニングや修行をされた人、臨死体験をされた人、生まれながらある種の才能のある人などは脳の「松果体」が覚醒しているといいます。それらの人達は霊的宇宙に住む意識体Ⅱ(霊体)と時空のない非物質宇宙に住む意識体Ⅰ(魂)と直接繋がり、時空のある物質宇宙にある物質や波動とは違った宇宙の叡智を感じられます。大地の力も細かい波動を感じられます。まさに潜在意識と超意識を使える人達です。

次にサムシング・グレートから直接送られてくる気ですが、繰り返しになりますが「浄化・再生」をコネクトすると、最初に内界の気がサムシング・グレートから直接肉体に入ってきて、体内の何らかのメカニズムが働いて、次に外界の気が霊的宇宙(宇宙の叡智)と地球の中心(大地の力)から肉体に入ってきます。SATOメソッドは不思議なことですが、間接的に送られてくる外界の気と直接的に送られてくる内界の気と繋がって感じることができるのです。

なぜ、SATOメソッドはこのようなことができるようになったのだろうか。私の個人的考えですが、精神世界で知られている宇宙の叡智と大地の力と繋がって体感できるには難しい時代になってしまったこと。人類は顕在意識しか使うことができない程物質に依存して、結果的に心身の病気、自然環境を破壊し、異常気象を起こし、結果的に地震や津波まで発生し、最近は新型コロナウイルス感染まで広げてしまったのではないだろうか。

あらためていいます。人類は、元来間接的な気である宇宙の叡智と大地の力によりバランスよく生命エネルギーや情報を受け入れられた時代がありましたが、ある時期から霊性を失い、潜在意識が欠如し、顕在意識を中心とした(前頭葉の肥大化)、収縮気優位(拡大気が欠如した物質に近い収縮気)の体質、性格に変化してしまいました。その緊急対策のひとつとして、だれでも,どこでも,いつでも霊性の高い安定感のある間接的な外界の気を体感しやすくするためにサムシング・グレートと直接繋がるようにしてくれたのではないだろうか。

 

|

« 新しいインターネット社会 | トップページ | RNAワクチン接種について »