« 真の幸福感が免疫に与える影響 | トップページ | 波動感染の広がり »

2020/06/29

サムシング・グレートとつながるしくみ

今回のブログから1ヵ月に1回の間隔でアップロードしますので次回は7月27日(月)になります。

サムシング・グレートは3つの宇宙(霊的宇宙・時空のない非物質宇宙・時空のある物質宇宙)を創造しました。さらに霊的宇宙にいる意識体Ⅱ(霊)、時空のない非物質宇宙にいる意識体Ⅰ(魂)、そして、時空のある物質宇宙にいる肉体も創造しました。すべてサムシング・グレートから誕生したのです。今まで時空のある物質宇宙にいる私達は日常的には肉体側に意識がありますが、SATOメソッドでは収縮気優位になるとこのような感覚になり、臨死体験や深い瞑想になると拡大気優位になり意識体側に意識がシフトすることも述べてきました。

最近、私は肉体の中の37兆個の細胞たちには様々な情報を送る送信部と様々な情報を受け取る受信部があると思うようになりました。細胞レベルでは情報を送る側を情報伝達物質といい、情報を受け取る側を受容体といいます。細胞と細胞の間は相互作用が働いています。そもそも肉体はサムシング・グレートから生まれたならば細胞にはサムシング・グレートと送受信ができる特別なしくみがあるのではないかと思うようになりました。そう考えると、意識体Ⅰ(魂)と意識体Ⅱ(霊)もサムシング・グレートから生まれたならば肉体と意識体とも送受信ができてもいいのではないかとも思っています。

SATOメソッドでは「浄化・再生」と心の中でコネクトすると内界の気と外界の気が肉体の中に入ってくるのがわかっています。内界の気はサムシング・グレートから直接肉体の深部に入り、外界の気は意識体Ⅱ(霊)から意識体Ⅰ(魂)経由で肉体の浅部に入ってきます。すなわち、内・外界の気は細胞たちの送受信部の中でテレパシーのように振る舞っているのではないだろうか。そのようなしくみを想像しています。

SATOメソッドには遠隔気功と対面式外気功があります。遠隔気功は施術者とサムシング・グレート及び施術者の意識体Ⅰ(魂)と受療者の意識体Ⅰ(魂)と繋がることで、施術者と受療者の肉体に内・外の気が入ってきます。対面式外気功は遠隔気功プラスハンドパワーです。ハンドパワーは施術者の肉体と受療者の肉体が直接接触し、繋がることで施術者から受療者に内・外界の気が入っていきます。

対面式外気功は遠隔気功プラスハンドパワーなので施術効果はかなり高いです。一方、遠隔気功だけの場合、メリットは複数の人達に、遠く離れても気を届けることができることです。将来的には遠隔気功だけでも対面式外気功と同じくらい効果を発揮できるように努めたいと思っています。

 

|

« 真の幸福感が免疫に与える影響 | トップページ | 波動感染の広がり »