« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年4月

2020/04/27

感染しない、感染させない

新型コロナウイルスに感染しないため、感染させないためのSATOメソッドからの提案です。

何度も述べてきたように外出時のマスクの着用、手洗いの徹底、不要不急の外出自粛はもちろんのこと、加えて、自分自身を守るため、家族を守るために体内の免疫力を高めることです。一般的には食事、運動、睡眠、そして瞑想を行なうことをすすめられています。

私は次のように行っています。

食事については、免疫力を高めるために腸の働きを良くすることを心がけています。具体的には、体に良いといわれる調味料を選んでいます。特に油、醤油、味噌などの発酵食品に拘っています。油はオーガニックでコールドプレスでオメガ3を中心に亜麻仁油、オリーブ油、こめ油、ごま油を使っています。醤油と味噌は発酵製法にこだわっているメーカの食品を使っています。

次にこめ、果物、野菜については、抗酸化作用に優れている水素水サーバーによって浄化してから食べるようにしています。よって、腸の働きを良くすれば血行も良くなり、バランスのとれた免疫力を発揮できるのではないかと思っています。なぜ、バランスのとれた免疫力かというと免疫にはアクセルとブレーキがあり、アクセルだけが強いだけでは免疫が暴走していまう恐れがあり、本当の免疫力は発揮できないと思っているからです。そして、朝抜きの1日2食にしています。

次に運動です。免疫力を高めるためには血行が良くなければなりません。血行を良くするためには全身のポンプ機能を充実させることです。ポンプ機能を高めるためには筋肉をある程度動かさなければなりません。私は30分くらいのウォーキングと簡単なストレッチしか行っていませんが、それでも体が温まり血行が良くなっているような気がします。

次に睡眠と瞑想です。SATOメソッドは気功中に脳波がα波、θ波、δ波が出ることが大学や医療機関との共同実験でわかっています。また、化学物質アドレナリン、ノルアドレナリン、コルチゾールなどの活動を抑制し、NK細胞の活動が向上したことが確認されています。いわゆるリラックス効果が発揮され、免疫力が高まりました。さらには心理学の視点からの実験ですが、タイプA、PILテストなどの心理テストを使って、気功中に過度の緊張や興奮を抑え、リラックスして生きがい感が向上したことも確認されました。これらの実験によって睡眠効果、瞑想的効果が明らかになりました。

最後にまとめますと感染しない、感染させないために外出時のマスクの着用、手洗いの徹底、不要不急の外出自粛、そして免疫力を高めるための食事、運動、睡眠、瞑想が必要と述べてきました。さらに加えてSATOメソッドを活用して気の重心が足裏→地球の中心→宇宙の中心→宇宙の中心の内奥へと下がれば、皆さんの体が「気」で大きく包まれ、大きなバリヤができます。そうなると新型コロナウイルスは侵入せず、感染させることはないでしょう。

そうなれれば安心できますね。感染を予防するためのマスクの着用、手洗いの徹底など物理的対策、食事、運動、睡眠、瞑想などによる免疫力対策、そしてSATOメソッドによる気のバリヤの拡大。私はバリヤが拡大すればするほど新型コロナウイルスを体内に侵入させないだけではなく、ウイルスそのものがバリヤの影響を受け、活発、活動が沈静化するのではないかと思っています。

|

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »