« SATOメソッドと精神世界 | トップページ | SATOメソッドとチャクラ(森美智代先生) »

2020/03/23

新型コロナウイルス感染Part3

3月2日(月)に新型コロナウイルス感染第二弾を書きました。以来、新型コロナウイルスは発生源である中国は徐々に収束に向かっていますが、中国以外の国は逆に感染者数が増えてきました。欧米を中心に急速に感染が広がってきました。特にイタリアは医療体制が弱いために急に増えたといいます。

一方、日本では北海道で緊急事態宣言を出して徐々に1日の感染者数が減ってきたために3月19日に解除宣言を出しました。しかし、他の県は増えています。

3月19日には政府専門家会議が開催され、高齢者、持病のある人で新型コロナウイルスで重症及び重篤化の人に対しては入院して頂くことにし、感染しても軽症や自覚症状のない人は指定ホテルや自宅待機をして頂くことにするとの提案が出されましたが、しばらくは感染症法によって軽症や自覚症状のない人も入院していました。その後、緊急事態宣言が発令されてからは指定されたホテルに移ることとなりました。この対策は医療崩壊をさせないためといいます。(※4月9日更新)

さて、3月2日(月)のブログに引き続き、感染しないための予防として外出時のマスクの着用、手洗いの徹底はもちろんのこと、感染しないための予防として免疫力を高める対策(バランスのとれた栄養をとる、7時間の睡眠をしっかりとるなど)をすることです。

実は、毎年訪れるインフルエンザウイルスの感染で約3000人の人が亡くなるといいます。治療法があるのになぜ、3000人の人が亡くなるのでしょうか。専門家は高齢者や持病(循環器系疾患、呼吸器系疾患、糖尿病など)のある人が感染しやすく重篤になりやすいといいます。やはり基本は日頃から健康管理を徹底することです。

前のブログでも書きましたが、食事、運動、睡眠の他にメンタルを強化するトレーニングも必要なのではないでしょうか。そのためのトレーニングには「瞑想」があります。瞑想は肉体的にも精神的にも深くリラックスできるトレーニング法だと思いますが、深い瞑想に入るとがんと同じように新型コロナウイルスと対話することができるようになります。

対話をするためにはテレパシーが有効ですが、テレパシーができなくても気を体感できれば新型コロナウイルスの波動を感じて共生することができます。具体的には収縮気と拡大気を使って感染しているかしていないかを確認することができるのではないだろうか。もし、感染しても陽性にならなければいいのです。また、陽性であっても軽症であれば改善することも可能です。新型コロナウイルスを完全にゼロにすることはできませんが、陰性であれば日常生活やビジネスが可能になります。これがウイルスとの共生です。

SATOメソッドからの提言です。マスクの着用、手洗いの徹底、免疫力対策の他に瞑想しながらウイルスと共生することをお勧めします。そのようなことができるようになれば、今後、新型のウイルスがあらたに発生しても感染したり、重症になる可能性はかなり低くなるのではないでしょうか。

|

« SATOメソッドと精神世界 | トップページ | SATOメソッドとチャクラ(森美智代先生) »