« 新型コロナウイルス感染 | トップページ | 新型コロナウイルス感染Part2 »

2020/02/24

霊視・霊聴・霊知・霊感

東大名誉教授の矢作直樹先生は様々な書籍で霊能力には霊視・霊聴・霊知・霊感があると述べられています。

霊視能力はイメージや映像を描ける能力をいいます。霊聴能力はよく言われるテレパシー能力です。霊知能力は直感力、ひらめく能力です。最後に霊感能力ですが、五感では感じられない微妙な触覚も感じられる能力です。いづれの能力も私たちが日常感じている五感を超えた能力です。

このような能力をもつ人達は先祖から受け継いだことや前世、過去世体験が遺伝子に反映された先天的に備わっている人達、臨死体験、厳しい修行など極限を体験された人達、また遺伝病、原因不明の病気を患った人達の中にもいらっしゃいます。

本来はだれにでも備わった能力だったのかも知れませんが、時が経つにつれて五感以外の感覚を得ることができなくなったのではないだろうか。

動物と会話ができる。地球外生命体と会話ができる。高次な意識体Ⅱ(霊)と会話ができる人達です。最近は松果体が覚醒するとこのようなことができるといいます。

一般的に会話をするときは顕在意識を使います。一方、潜在意識を使って会話ができる人が霊聴能力のある人です。さらに体外離脱して意識体同士で会話をする人もいます。これも霊聴能力ですが、精神世界では超意識とか集合意識状態で会話できることをいいます。

SATOメソッドでは90年代に体外離脱が頻繁に想起される時期がありました。(10年間で約300人の人達が体外離脱を体験)そのときに体外離脱しないで霊的宇宙にいる高次な意識体Ⅱ(霊)とテレパシーで会話をしたり(潜在意識で会話をする)、体外離脱して同様に会話をすることができる人達がいました。

潜在意識で会話をしている時と体外離脱して会話をしている時との違いを聞いてみました。前者のときは頭の中で会話をしている感覚でしたが、後者のときはその場にいて会話をしている感覚であったといいます。さらにこちらから話しかける前に返事が来る感じであったといいます。いわゆるこちらから話しかける内容がすでにわかっている感じだったといいます。

顕在意識、潜在意識、超意識では「場」のゆらぎ方が違うと聞こえ方も違ってくるのかも知れません。

現在、私は受動的能力は霊知能力しかありませんが、2020年には霊感がわかるようになり、さらに2030年までに霊視、霊聴もできるようになることを期待しています。

 

|

« 新型コロナウイルス感染 | トップページ | 新型コロナウイルス感染Part2 »