« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年1月

2020/01/27

肉体と意識体

サムシング・グレートから誕生したのは3つの宇宙(時空のある物質宇宙・時空のない非物質宇宙・霊的宇宙)と肉体と意識体です。意識体は意識体Ⅰ(魂)と意識体Ⅱ(霊)に分類されますが、本来は意識体Ⅰは意識体Ⅱからの分霊として現れたものです。いわゆる霊的宇宙にいた意識体Ⅱから分かれた分霊が意識体Ⅰとなり肉体と繋がります。

一方、肉体はあくまでも肉体で意識体の器(道具)に過ぎませんが、意識が肉体にシフトしたときは肉体(物質)として人生を体験します。そして、肉体には寿命があるので、寿命が尽きるまで時間と空間に縛られながら様々な物質的な刺激を受けて生きていきます。それに比べ、意識体は意識体Ⅱ(霊)になったり意識体Ⅰ(魂)になったり変化することができ、寿命はありません。

意識体Ⅱが住む霊的宇宙は階層世界になっていて、同じ階層であればお互いの波動や周波数が同じなので霊にとってはとても住みやすく心地良い世界です。イライラしたり争うことはありません。しかし、長くいると自分と違った波動や周波数をもった霊との関係を求めたくなります。私達がこの世で夫婦になるとき、自分と違ったタイプを選ぶことと似ています。

そのとき、時空のある物質宇宙にいる肉体を選ぶわけですが、前世や過去世で経験した肉体の中で、自分を成長させてくれそうな肉体を選びます。実際に肉体と繋がった時、自分で望んでいた相手や環境を選ぶわけですが、時間や空間に縛られたり、物質の影響を強く受けたりすると思った以上にリスクのある人生を歩んでしまうこともあります。

そのリスクを乗り越えられれば生まれ変わる前より高い階層世界に導かれるように行かれることもありますが、乗り越えることができないときは生まれ変わる前より低い階層世界に自ら行ってしまうこともあります。

具体的には、霊的宇宙の階層世界にいたときは高い志を抱いて、時空のある物質宇宙にいる肉体に向かって、意識体Ⅱ(霊)の分霊が旅立ち、時空のない非物質宇宙では意識体Ⅰ(魂)となり、肉体と繋がります。

時空のある物質宇宙で経験したあとは、肉体を外し、分霊である意識体Ⅰ(魂)は時空のない非物質宇宙から霊的宇宙にある階層世界に旅立ち、意識体Ⅱ(霊)になりますが、時空のある物質宇宙での学び方や生き方に応じて、行先が決まってきます。

残念ながら時空のある物質宇宙での生き方に大きな問題(現世での拘り、執着、囚われが必要以上に強い時など)があれば、死後、時空のない非物質宇宙に留まってしまう(浮遊霊など)か、霊的宇宙の闇の階層世界に自分で決めていってしまうことがあります。自分にとっては心地良いから行くのでしょう。

SATOメソッドは気の重心が「宇宙の中心の内奥」まで下がると肉体を背負いながら意識体側に意識を向けて生きていけるようになります。そうなると意識体Ⅰ、意識体Ⅱ、サムシング・グレートとの一体感も感じられるので、死後の世界は怖い所ではなく、楽しい所であると意識するようになります。結局、霊的宇宙の光の階層世界に旅立つための疑似体験をしているようなものです。

|

2020/01/20

地球のアセッション

2020年を迎え、地球のアセッションについて浮かんできたことを書いてみます。2019年12月9日のブログで「地球の声を聞く」を書きました。

SATOメソッドの独自の考えではありますが、SATOメソッドには気の重心(グラウンディング)があり、気の重心が「足裏」に下がった人が何らかの原因で再び「頭」に上がってしまうと(特に上丹田の重心)、「頭」にずっと上がったままの時よりも頭に強く違和感を感じることがあります。脳が足裏に下がった時の解放感を一度体験し、記憶すると足裏と頭のギャップを認識し、体に反応するものと思っています。気づかせるメッセージとも解釈できます。

次に、気の重心が「宇宙の中心」に下がった人が「丹田」に上がると同じように体に強い違和感を感じます。さらに気の重心が「宇宙の中心の内奥」に下がった人が「足裏」でも体に強い違和感を感じます。すなわち、私は体からの声として症状が現れるのだと思っています。

一方、地球についても同様なのことが考えられるのではないかと思っています。SATOメソッドでは地球と一体になるためには、気の重心を「地球の中心」以上まで下げる必要があると思っています。しかし、地球に住む人類は気の重心が「丹田~頭」の範囲内で動いています。特に「頭」にある人がとても多いです。

そのために人類から発するゆらぎが地球を汚していないであろうか。私達の体でいうと「宇宙の中心」に下がった人が「丹田」に上がってしまい、体に変調や違和感を強く感じることと同じく、本来ならば地球の中心に下がっているべく地球が変調を起こします。それが異常気象であり、地震や津波として現れるのではないだろうか。

地球のアセッションとは地球の気の重心が「地球の中心」を超えて、「宇宙の中心の内奥」まで下げようとする意志ではないかと理解しています。しかし、人類の気の重心が「頭」まで上がり、意識が極端に重くなっているために地球の意識も重くなり、身軽になりたいために様々な自然現象を起こしているのではないだろうか。

そのためには私達人類の気の重心を「宇宙の中心の内奥」まで下げ、生き方や考え方を大きく変える必要があるのではないだろうか。世界の人々がそうなれれば、地球は「浄化・再生」され、身軽になり、益々アセッションが起こしやすく、他の星たち、太陽系、天の川銀河、他の銀河などにも良い影響を与えることができるのではないだろうか。

|

2020/01/13

SATOメソッドあらたな旅立ち

令和2年、2020年はSATOメソッドにとってあらたな旅立ちになります。1989年に平成の時代になり、1年後の1990年にSATOメソッドが誕生しました。さらに1年後の1991年に佐藤気功センターが設立され、本格的に活動を開始しました。

次に2019年に令和の時代になり、1年後の2020年はあたらしいSATOメソッドのスタートと思っています。昨年のブログでも書きましたように1990年に能動的能力が覚醒し、30年経ちました。日々進化を続けています。一方、受動的能力の覚醒は停止したまま30年間が過ぎました。そして、令和を迎え2020年になって受動的能力の覚醒が始まろうとしています。能動的能力と受動的能力を本格的に発揮できるのは2021年以降だと思っています。

令和2年を迎え、初めのブログは、なぜ、SATOメソッドが誕生したのか、なぜ、誕生する必要があったのか、を書いてみました。

私達は本来サムシング・グレートの意識、意志を直接感じられるように今生に生まれてきたのではないだろうか。3つの宇宙が創造されたあと、その中で私達は肉体(時空のある物質宇宙)を背負って、意識体Ⅰ(時空のない非物質宇宙)として学んだり、肉体を外し意識体Ⅱ(霊的宇宙)として学ぶために常にサムシング・グレートと繋がっていなければならないのではないだろうか。

しかし、残念ながら、現在はサムシング・グレートの意識、意志を直接感じることは不可能で、霊的宇宙にいる意識体Ⅱ(霊)、時空のない非物質宇宙にいる意識体Ⅰ(魂)すら感じられない人がとても多いです。さらには時空のある物質宇宙でも潜在意識を感じ取れない人もたくさんいます。

逆にレベル差はあるものの潜在意識、意識体Ⅰ、意識体Ⅱ、そしてサムシング・グレートを直接感じることのできる人もいます。私の知る限りでは、このようなことができる人は先天的に松果体が覚醒している人で2種類あります。1つめは両親または先祖から受け継いだ情報が遺伝子もしくはジャンクDNAに伝達され、その遺伝情報によってタンパク質がつくられ覚醒された人。2つめは前世・過去世でスピリチュアルな人生を経験し、生まれ変わるとき(あらたに肉体に繋がるとき)に意識体から肉体に情報が遺伝子もしくはジャンクDNAに伝達され、その遺伝情報によってタンパク質がつくられ覚醒された人。

次に、後天的に松果体が覚醒している人で2種類あります。1つめは臨死体験をされたときの情報が意識体から肉体に、遺伝子もしくはジャンクDNAに伝達され、その遺伝情報によってタンパク質がつくられ覚醒された人。2つめは厳しい修行によって遺伝子もしくはジャンクDNAの中で眠っていたDNAが目覚め、活発になり、その遺伝情報によってタンパク質がつくられ覚醒された人があげられます。

この4つの事(先天的要因・後天的要因)が起こらない限り覚醒することは難しいのではないだろうか。

このような地球環境や国際社会の中でSATOメソッドが誕生しました。最大の特徴は松果体が覚醒しなくても、サムシング・グレート、霊的宇宙、時空のない非物質宇宙、そして意識体Ⅱ(霊)、意識体Ⅰ(魂)を直接感じることのできるメソッドであることです。

具体的には、サムシング・グレートから別経路を通って私達の肉体に直接入ってくる内界の気(収縮気・拡大気)が存在したのです。内界の気は肉体の深部に入り、波紋のように広がることにより、気の重心が丹田より下、足裏まで下がり、さらに地球の中心、宇宙の中心まで下がると時空のある物質宇宙内の潜在意識を感じ、さらには宇宙の中心の内奥にある時空のない非物質宇宙(意識体Ⅰ)→霊的宇宙(意識体Ⅱ)→サムシング・グレートまで下がると、深い瞑想感覚になり、あたかも自分が肉体から意識体に切り替わったような、さらにはサムシング・グレートを直接感じているような感覚を体験します。これが松果体が覚醒された人以外の方法でサムシング・グレートを直接感じることができるメソッドです。

また、サムシング・グレートを直接感じるためには内界の収縮気と拡大気のエネルギーが最大になることです。そうなるとゆらぎも大きくなり、私達だけではなく、周囲の環境も包まれ、次第に地球もゆらぎで包まれます。そのときに地球と私達は一体になります。そして、私達の意識も大きく変わり、生き方、考え方が根本的に変わるのではないだろうか。SATOメソッドがなぜ、誕生する必要があったのかの理由はこのことだったのです。

精神世界では2032年以降は地球環境が大きく変わり、地球外生命体や高次な意識体Ⅱ(霊)とのコンタクトが自然にできる人達が多くなるといいますが、SATOメソッドでサムシング・グレートと繋がった人と、松果体の覚醒でサムシング・グレートと繋がった人との交流も盛んになり、お互いの特徴を発揮し合う時代になっているのではないかと期待しています。

|

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »