« 遺伝子とジャンクDNAPart2 | トップページ | 地球の声を聞く »

2019/12/02

未来の私達

私達の体は物質でできているといいます。宇宙も物質でできているといいますが、最近の量子論、宇宙論、超ひも理論では私達が知る物質は宇宙にある全エネルギーの5%に過ぎず、残りの95%は暗黒物質とダークエネルギーではないかといいます。もし、この2つの暗黒物質とダークエネルギーが解明され、私達の体が直接影響を受けたり、利用することができたらどうなるのでしょうか。世界は大きく変わるでしょうね。

私達の体はとても不思議で、複雑で、神秘でもあります。中にはプラーナ(気のようなもの)を吸っているだけで生きている人や青汁を1日1回飲むだけで健康維持できる人達が複数いらっしゃいます。また、五感以外の第六感を働かせて日常生活を送ったりビジネスをしたりする人達もいます。

これらの人達の生き方を踏まえて未来の私達を想像してみます。

私達が生きるためには最低必要なことは食べることです。食べないと栄養がとれないので生きることができません。プラーナを吸っているだけで生きていければ動物や植物を殺生しなくてもいいので、とてもいいことですが、そう簡単にはいきません。

次に電力がないと日常生活を送ることができません。暑くても寒くても、私達の体が自然に適応すればいいのですが、現実はやはり簡単にはいきません。今は太古の時代とは違うのですから。また、電気がないと仕事ができません。電気に慣れてしまった生活を断つことは出来ないのです。

しかし、将来において私達の体に突然変異が起きて進化すれば自然に適応する智恵が備わるかも知れません。そして、経済や暮らしが変わるかも知れません。

具体的には、人間の思考力がテレパシーのような思考力に進化すればコンピューターを超えることができるかも知れません。そして、様々な知恵が生れ、さらに人体のしくみも大きく変化したら、地球外生命体のような脳と体が大きく変わる可能性があるかも知れません。また、そのときの地球はさらなるアセッションが起きているかも知れません。今は想像できませんがインターネットの先にこのような時代が訪れるのではないだろうか。

一番期待したいのは未来の私達の意識が変わることです。

SATOメソッドでは次のようになれればと期待しています。収縮気と拡大気のエネルギーが最大になりバランスのとれた大きなゆらぎが生れ、そのゆらぎによって人類の意識が大きく変わることです。いわば、私達の脳や体の仕組みが大きく変わることで、生き方や考え方が大きく変わることを願っています。そうなれれば紛争や戦争は起きないでしょう。軍事費はいらなくなります。

|

« 遺伝子とジャンクDNAPart2 | トップページ | 地球の声を聞く »