« SATOメソッドから見た暗黒物質 | トップページ | SATOメソッドあらたな旅立ち »

2019/12/30

未来の遠隔気功

令和元年もあと2日間で過ぎようとしています。6月10日(月)に「令和の時代とSATOメソッド」と題して次のようにブログを書きました。

5月1日は令和の時代の幕開けです。

1989年に平成の時代が訪れ、1990年にSATOメソッドが誕生しました。そして、1991年に脱サラして佐藤気功センターを開設することができました。活動開始です。

このような経緯から2019年には令和の時代が訪れたことにより2020年にあらたなSATOメソッドが誕生。2021年にはあらたな活動の始まりと考えることができないかと思いました。そして、2020年のあらたなSATOメソッドの誕生は、自ら気を感じる受動的な能力の始まりではないかと書きました。

具体的には日本には四季があり、2020年は春分(3月20日)、夏至(6月21日)、秋分(9月22日)、冬至(12月21日)がありますが、いづれかの日にゲートが開くのではないかとひらめきました。とても楽しみです。

他者に気を感じさせる能動的な能力は日々進化し、ゲートは無限大に向かって開き続けていると思っています。特に、ハンドパワーは威力を発揮しています。SATOメソッドには対面式外気功と遠隔気功があります。対面式外気功は遠隔気功にハンドパワーが加わったメソッドです。

最初に遠隔気功についてお話しします。遠隔気功で患者さんを意識して気を送るときは、「浄化・再生」と心の中で唱えると施術者と患者さんに同時に外界の気と内界の気が入ってきます。

外界の気は霊的宇宙の高次な意識体Ⅱ(霊)から意識体Ⅰ(魂)を経由して拡大気優位で肉体の頭頂部に入ってきます。(肉体の浅部が包まれます)一方、内界の気はサムシング・グレートから直接肉体の腹部、胸部、頭部などの深部に入ってきます。気の重心が足裏までは肉体の深部が収縮気優位になり、足裏以降、地球の中心→宇宙の中心→宇宙の中心の内奥(意識体Ⅰ→意識体Ⅱ)まで下がると肉体の深部が拡大気優位になります。

さらに気の重心がサムシング・グレートまで下がると内界の気の収縮気と拡大気のエネルギーが最大になり、どちらが優位ともいえない溶け合っている感覚で、さらに外界の気の収縮気と拡大気のエネルギーも最大になり、すべてが溶け合って1つになっている感覚になります。

一方、対面式外気功は遠隔気功にハンドパワーが加わったメソッドになりますが、ハンドパワーは施術者の掌から患者さんの腹部と頸部に触れて送ります。具体的には、施術者の掌から外界の気と内界の気が発気されますが、患者さんの腹部と頸部の浅部には外界の気、深部には内界の気が入っていくことになります。さらに外界の気は拡大気優位で入っていきますが、内界の気は腹部は収縮気優位、頸部は拡大気優位で入っていきます。気の重心がサムシング・グレートまで下がると外界の気・内界の気ともに収縮気と拡大気のエネルギーが最大になり肉体全体がサムシング・グレートと一体感になっている状態です。

対面式外気功は遠隔気功に比べると気の重心が急速に下がりやすくなります。そして、深い瞑想になりやすくサムシング・グレートとの一体感も感じやすくなります。しかし、「1対1」の対応しかできない欠点があります。一方、遠隔気功は対面式外気功に比べるとエネルギーが弱いですが、遠く離れても、さらには複数の人達をまとめて意識するだけで、「浄化・再生」を唱えるだけで届きます。

世界の人達の意識が変わるためには遠隔気功をさらにパワーアップするしかありません。2020年以降、自ら気を感じる受動的な能力(受動的ゲートが開く)に目醒め、さらに能動的な能力(能動的ゲートが開く)が今以上にパワーアップすることです。未来の遠隔気功に向かって。令和2年は皆様にとって素晴らしい年でありますように。次回は2週間後の1月13日になります。

 

|

« SATOメソッドから見た暗黒物質 | トップページ | SATOメソッドあらたな旅立ち »