« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

2019年11月

2019/11/25

遺伝子とジャンクDNAPart2

9月16日(月)発行のブログで遺伝子とジャンクDNAについて書きました。

復習になりますが、遺伝子の本体はDNAといい、約30億塩基対のDNAの総称をゲノムといい、そのゲノムの中でタンパク質をつくれるDNAのかたまりを遺伝子と呼び、約2万個あるといいます。しかし、ゲノムの2%に過ぎず、残りの98%はタンパク質をつくられない、わからないDNAをいい、ジャンクDNAと呼ばれています。

しかし、最近の生命科学ではジャンクDNAにはたくさんの「宝物」があることを見つけ、世界中の研究者が論文を投稿しているといいます。一方、タンパク質をつくれる遺伝子ではわずか2%の中に人体をつくる設計図がありますが、各々の細胞には約2万個の遺伝子があり、その遺伝子の1つ1つにDNAスイッチがあり、そのスイッチが「OFF」になっていると病気になったり、人体の様々な機能に影響が起きるといいます。と書きました。

今回はもう少し具体的にSATOメソッドによる効果の可能性も含めてジャンクDNAとDNAスイッチについて書いてみます。

最初にジャンクDNAについてですが、ゲノムの98%を示すジャンクDNAは遺伝子の働きをコントロールする「コントローラ」ともいい、宝物ということで「トレジャーDNA」とも呼ばれているようです。

私達の人体をつくる遺伝子には基本となる設計図が備わっています。例えば、両親に備わった容姿、性格、体質などはそっくり遺伝することもありますが、個人差による微妙な違いもあります。それはジャンクDNAのコントロールが影響しているといいます。また、両親からの遺伝とは関係のない突然変異したDNAの配列が「70個」ジャンクDNAから見つかったとの報告もあります。これはだれにでもあり、特化した才能や能力として現れる可能性があるといいます。私がSATOメソッドを使って施術できるのは、もしかしたら70個の突然変異が目覚めたのかも知れません。そう考えたいですね。また、患者さんも個人差はあるものの施術ができるようになったのは関係があるかも知れません。

次に、DNAスイッチについてですが、約2万個ある1つ1つの遺伝子の中に1つ以上のDNAスイッチがあるといいます。基本的にすべてではありませんが、DNAスイッチは「OFF」になっているといいます。なぜかというと遺伝子の中の設計図によれば受精卵だけではなく、受精卵から生まれた200種類の細胞の1つ1つからも様々な細胞をつくることができるために、DNAスイッチが勝手に「ON」になると、例えば目の細胞から歯の細胞が生れてしまうというのです。

iPS細胞の生みの親、山中伸弥教授はDNAスイッチが勝手に「ON」にならないようにするために透明なプラスチックのカバーがついているとイメージしてくださいといいます。一方、透明なカバーがついてないDNAスイッチもあり、何らかの原因でスイッチが「OFF」になったり、逆に食事、運動、薬などでスイッチが「ON」になることも様々な実験などで徐々にあきらかになっているといいます。専門家の中ではDNAスイッチは「運命を変えるスイッチ」と呼ばれているようです。専門的にはエピジェネティクスといいます。

私が注目しているのはDNAスイッチを使ってがんの発症や増殖を抑えられないかです。がんを発症する原因はよく知られているのは環境の影響によって「がん抑制遺伝子」に傷がついて変異を起こし、がんを抑制する遺伝子が働かないためにがん細胞ができることですが、がん抑制遺伝子のDNAスイッチが「OFF」になっているためにがんを抑制する遺伝子が働かないためにがん細胞ができてしまうこともあるということです。ある本によるとがんの発症の原因の60%がDNAスイッチが「OFF」になっているためといいます。専門的にはエピジェネティクス変異といいます。

次に、なぜ「がんを抑える遺伝子」が働かないのかのメカニズムについて書いてみます。

NHKスペシャル「人体」取材班 遺伝子では次のように述べられています。DNAスイッチが「OFF」になるメカニズムはDNAメチル化酵素が「がんを抑える遺伝子」の表面に取り付いて、何やら小さな粒をくっつけます。これは炭素原子1つに水素原子3つのくっついた「メチル基」と呼ばれる分子で、大きさは1000万分の1ミリほど。実はメチル基、磁石のような役目をして周りにある様々な物質を「がん抑制遺伝子」のほうに引き寄せていきます。引き寄せられた物質同士が遺伝子を巻き込みながらくっついて、なんと「がんを抑える遺伝子」がクチャクチャに折りたたまれます。これでは、「がんを抑える遺伝子」をつくろうにも遺伝子に書かれた設計図の情報を読み取ることは出来ません。つまりDNAスイッチ、オフの状態になったのです。よって、「がんを抑える遺伝子」によるタンパク質がつくれないためにがんが発症したり増殖していくことになります。といいます。

まとめると、ジャックDNAとDNAスイッチに関して次のようなことが浮かんできました。一つめは、病気の原因に遺伝子の変異があっても病気から体を守るジャンクDNAを持っていれば、もしくは目覚めさせることができれば大丈夫。二つめは、病気の原因にDNAスイッチが「OFF」になっているならば、スイッチを「ON」にすればいい。いづれもSATOメソッドを使ってチャレンジしたいと思います。

 

 

|

2019/11/18

目醒めのゲートが閉じても大丈夫

並木良和さんの3冊目の本「目醒めへのパスポート」を拝読しました。次のようなことが書いてあります。人類の目醒めへのプロセスは2012年の冬至から始まっています。現在、地球の波動はどんどん高まっており、2020年いっぱいで、そのプロセスがいったん完了します。言い換えると、目醒めの扉は2012年から開き初めており、2020年には完全に扉が閉まるということです。扉が閉まったら、次に開くのは約2万6千年後です。

次に、2020年には目醒めることにエントリーするための扉は完全に締まり、その後、宇宙から高い周波数のエネルギーが、さらに断続的に勢いを増して降り注いで来ることになります。目醒めることを決めた人の意識は、その強い光を浴びて、さらに上昇していくのです。半面、目醒めの波に乗らないことを決めた人たちは、それまでと変わらない毎日を送るか、それ以下の状況に陥ることになるでしょう。ネガティブな感情や想いが増してくる体験をしたり、八方塞がりに感じるようになったり生きづらくなっていくのです。

並木さんのおっしゃっている基本的な事項は理解できます。2011年に起きた東日本大震災は地球がアセッションするための私達人類に対するメッセージだと思っています。私達に意識があると同じように地球にも意識があると思っているからです。

しかし、人類が精神世界に目醒めるために期限を決めてしまうことには賛成できません。精神世界が理解できない人やむしろ精神世界を否定する人は1999年のノストラダムスの大予言ブームと同じように予言めいた話として受け取り、誤解されてしまいます。そこにマスコミが動くと霊感商法まがいと報道される恐れもあります。

そして、期限を決めてしまうと精神世界に100%否定する人はともかく、ある程度理解している人の中には並木さんがすすめている瞑想やワークなどの練習をしても体感できない、目醒めにくい人もいるのではないだろうか。並木さんのように特別な才能を持つ(松果体の覚醒)ことに乏しい一般の人達の中には、逆に不安になってしまうことはないだろうか。

並木さんのことを初めて知ったのは、当センターに来院された患者さんが並木さんのデビュー作「ほら起きて、目醒まし時計が鳴っているよ」のお話しをされたことです。早速、並木さんの本を購入しました。さらにびっくりしたのは並木さんの本の解説に整形外科医 小坂正先生のコメントが記述されていたのです。コメントを拝見すると「僕が気功を始めたのは佐藤眞志先生のスピリチュアル気功に出会って、気功は本当にあると知ったからだ」と書いてあったのです。患者さんと小坂先生を通じて並木さんを知る瞬間でした。

一方、並木さんが東大名誉教授の矢作直樹先生と書籍やYouTobeで繋がっていることを知りました。矢作先生とは2011年にご縁があり、2012年に自著「足うら重心は幸せの法則」に推薦文を書いて頂きました。2014年には共著「いのちは終わらない」を出版することができました。大変感謝しております。

このようなご縁を頂いた者として矢作先生と並木さんの活動を静かにずっと見守ってきました。まことに勝手とは思いますが、期限を決めていることに少々心配しています。ゲートが閉じたあとでも目醒められる瞑想やワークを並木さんには継続して指導して欲しいと願っています。並木さんの影響力が大きいがゆえにそのように思います。私も気功や瞑想を通じて目醒めのメソッドをこれからも継続して指導していきたいと思っています。

最後に、私も幼少の頃に感受性が高く、困った時がありました。私の場合は並木さんと違い、10歳のときに夢の中に日本の神様が現れ、感受性が封印され、以降現在まで封印されたままです。ゲートが閉じたままです。そのために一般の人と全く変わらない感受性です。しかし、ゲートが閉じているので自ら気を感じることは出来ませんが、患者さんに気を感じていただくゲートは100%開いています。40歳のときにSATOメソッドに目醒め、すでに30年経ちました。来年以降はゲートが徐々に開き始めるようです。感じるためのゲートと感じさせるためのゲートは別々にあることを知り、もし両立できるものであれば様々なことにチャレンジしていきたいと思っています。

 

|

2019/11/11

意識と気とゆらぎPart3

SATOメソッドには2つの気があり、収縮気と拡大気といいます。収縮気は意識を身体化方向に働く気、拡大気は意識を精霊化方向に働く気です。収縮気は体を充実させる気、拡大気は心や魂を解放させる気ともいえます。

一般的な気功は時空のある物質宇宙にある収縮気と拡大気を使います。具体的には、この宇宙は収縮気優位状態の宇宙なので、外界の気を呼吸法などを使って収縮気優位で頭頂部から取り入れます。また、グラウンディングは地球の中心をイメージして大地からやはり収縮気優位で足裏から取り入れます。いわば、頭頂部(上から)からも足裏(下から)からも収縮気優位の気を使います。いづれも外界の気として体の浅い部位に反応します。

スピリチュアルヒーリングは霊的宇宙にいる高次な意識体Ⅱ(霊)とご自身の意識体Ⅰ(魂)が繋がり、シルバーコードを通して頭頂部から取り入れますが、霊的宇宙は拡大気優位状態なので、拡大気優位で頭頂部から入ってきます。また、グラウンディングは一般的気功と同じように地球の中心をイメージして大地から収縮気優位で足裏から取り入れます。こちらは頭頂部(上から)からは拡大気優位で、足裏(下から)からは収縮気優位で気を使います。こちらも外界の気として体の浅い部位に反応します。

一方、SATOメソッドは90年代は従来のスピリチュアルヒーリングと全く同じでした。頭頂部から入ってくるのは拡大気優位の気で、足裏から入ってくるのは収縮気優位の気でした。21世紀に入って一変しました。頭頂部から入ってくるのは従来のスピリチュアルヒーリングと同じですが、グラウンディングは地球の中心をイメージして足裏から収縮気優位の気が入ってくるのではなく、サムシング・グレートから直接肉体の腹部(下丹田)、胸部(中丹田)、頭部(上丹田)にワープするように入り、体の深部(潜在意識)で広がっていく気でした。これが実質グラウンディングになります。外界の気(従来のスピリチュアルヒーリング)は体の浅い部位に反応し、内界の気(SATOメソッドオリジナルヒーリング)は体の深い部位に反応します。

そして、気の重心が足裏までグラウンディングされると外界の気は拡大気優位で、内界の気は収縮気優位ですが、足裏以降は内界の気は徐々に拡大気優位になります。宇宙の中心の内奥まで下がると収縮気と拡大気のエネルギーが上昇しながら直接意識体を感じるようになります。(意識が意識体に向けられるようになる)さらにはサムシング・グレートまで到達すると収縮気と拡大気のエネルギーが最大になり、溶け合っている感覚になります。そして、内界の気によって3つの外界の宇宙、外界に住む肉体、意識体Ⅰ、意識体Ⅱも良い影響を受けることになります。いわば内界の収縮気と拡大気が最大になると外界の収縮気と拡大気も最大になるといえます。

このように収縮気と拡大気のエネルギーが最大になると意識が大きく変わります。いわゆる生き方や考え方が大きく変わるということです。一方、ゆらぎも大きく変化します。きれいなゆらぎが大きく広がると病気が大きく改善されたり、深い悩みが解消されたり、周囲の人達にも良い影響を与えるようになります。まとめると「気」は大きく意識を変えたり、ゆらぎを起こして病気を改善させる力があるのではないかと思っています。

|

2019/11/04

ゆらぎの正体は気

私達の体は原子でできています。宇宙も原子でできています。超ひも理論では宇宙はゆらぎから誕生したといいます。物質の最小単位は素粒子といいます。しかし、素粒子は最小単位の粒子として言われてきましたが、超ひも理論では超ひも(10のマイナス35乗メートル)が振動しているのだといいます。その超ひもが振動することをゆらぎといいます。それでは私達の体は宇宙から生まれ、さらにはゆらぎから生まれたのだろうか。

このような最新の理論からサムシング・グレートはゆらゆらとゆらいでは消滅するなどのことを繰り返しているゆらぎの世界なのでしょうか。一方、サムシング・グレートは意志や意識をもった普遍的存在。大きさやエネルギーを計ることのできない、姿はあるようで、ない存在と私は思っています。しかし、私達は日常生活の中で常に意識を感じながら営んでいます。見ることのできない、捕まえることもできないが、意識は存在しているのです。

臨死体験でも時空のある物質宇宙では周囲の人達からは意識はないように見られますが、時空のない非物質宇宙、霊的宇宙では意識があるのです。このようなことから意識は普遍的な存在としてあり、サムシング・グレートとサムシング・グレートから誕生した3つの宇宙は意識で繋がっているのではないだろうか。

では、臨死体験中に時空のある物質宇宙では意識がないのに時空のない非物質宇宙と霊的宇宙にあるのはなぜでしょう。私は気の働きが影響しているのではないかと思っています。SATOメソッドで提唱している収縮気と拡大気はある種のエネルギーをもち、意識に働きかけています。収縮気は意識を身体化する方向に働く気、拡大気は意識を精霊化する方向に働く気です。

時空のある物質宇宙は収縮気優位状態で意識できる宇宙、時空のない非物質宇宙や霊的宇宙は拡大気優位状態で意識できる宇宙。いわば、意識を変化できるのは気の働きによるものと私は思っています。

一方、ゆらぎの正体も気ではないだろうか。気には収縮と拡大、大・小、強・弱、濃・淡、良い気(正気)と悪い気(邪気)がありますが、気の働きによってゆらぐのではないだろうか。病気をしたり自覚症状に現れるのは邪気がゆらいでいるからではないだろうか。また、邪気は人間だけではなく、モノや環境にもあり、邪気がゆらいでいると私達はその影響を受けて、病気になったり自覚症状を感じたりします。また、台風や地震、津波などの自然現象も激しいゆらぎの1つではないだろうか。

おだやかな気のゆらぎを感じられた患者さんから、体に直接反応するのが不思議でならないといわれます。私は次のようにいいます。気がゆらぎとなってミクロの世界からマクロの世界に広がりながら到達し、細胞レベルで受け止め、最終的には自律神経系・ホルモン系・免疫系などが働き、直接反応するのではないだろうかと。

|

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »