« 意識と気とゆらぎPart2 | トップページ | ゆらぎの正体は気 »

2019/10/28

気とゆらぎが世界を変える

気には2種類の気があります。収縮気と拡大気です。収縮気は意識を身体化の方向に働く気、拡大気は意識を精霊化の方向に働く気です。体を充実させるためには収縮気優位、心を解放させるためには拡大気優位、働きに違いがあります。さらに2つの気にはエネルギーがあります。エネルギーには大小、強弱がありますが、良い気(正気)と悪い気(邪気)もあります。

2つの気はバランスをとりながら、エネルギーが良い気で大きく強ければ良いのですが、悪い気でエネルギーが大きく強いときもあります。気はゆらぎとなって現れます。前者のゆらぎが世界中に広がれば世界の人々が健康的で幸せな毎日を過ごすことができるでしょう。一方、後者のゆらぎが世界中に広がれば世界中の人々がどのようになるか想像できます。

今の国際情勢はどうでしょうか。各国の社会、経済、政治、教育はどうでしょうか。特に政治のゆらぎはどうでしょうか。歪んでいませんか。澱んでいませんか。権力を鼓舞して自分だけ、自分の国だけと大きくなった歪んだ、澱んだ権力者のゆらぎがあらゆる所にバラまいていないだろうか。ゆらぎは世界中どこにでも飛んでいきます。流れていきます。広がります。

サムシング・グレートから誕生した3つの宇宙(時空のある物質宇宙・時空のない非物質宇宙・霊的宇宙)は残念ながら光と闇に分かれています。時空のある物質宇宙は収縮気優位でゆらいでいます。時空のない非物質宇宙と霊的宇宙は拡大気優位でゆらいでいます。霊的宇宙だけは階層になってゆらいでいますが、時空のある物質宇宙と時空のない非物質宇宙はまばらになってゆらいでいます。

それでは、私たちがいつも意識している時空のある物質宇宙に絞ってみましょう。私たちには個人レベルと集団レベルのゆらぎがあり、個人レベルでは、個人の過度のストレスにより肉体と精神のゆらぎが歪んだり澱んだりしていないであろうか。一方、集団レベルでは、皆さんが勤めている職場のゆらぎが歪んだり澱んでしていないであろうか。正常なゆらぎで出勤しても勤務が終わった頃になると歪んだ澱んだゆらぎに変わってしまっていないであろうか。

最近は長時間、パソコンなどで目を酷使しながら思考を巡らせている会社員は多いと思いますが、気の重心がすぐに「頭」に上がってしまう人はいないであろうか。また「頭」に上がったままの人達もいるのではないだろうか。さらには会社内での人間関係でストレスを溜めてしまい、正常なゆらぎを保つことができない人達も多いのではないだろうか。

SATOメソッドはこのように宇宙レベル、世界レベル、会社レベル、個人レベルのゆらぎの闇の部分に光を当てて、浄化・再生をしていきたいと思っています。

|

« 意識と気とゆらぎPart2 | トップページ | ゆらぎの正体は気 »