« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

2019年9月

2019/09/30

受動的能力と能動的能力Part3

来年は受動的扉が開くことにより、今までできなかった様々な実験や確認することができることを楽しみにしている毎日です。今までブログで具体的にどのようなことをしたいのかいくつかを述べてきましたが、実際に扉が開いたら無限に近い様々な可能性が展開されると想像しています。

最初に現在の施術方法を述べます。現在は能動的能力を発揮している一つとしてハンドパワーがありますが、腹部と頸部に交互に触れて施術しています。腹部に触れるのは体を収縮気優位にして、体を元気にするためのハンドパワーです。頸部に触れるのは体を拡大気優位にして、心のストレスを解放したり、雑念が湧きにくくするハンドパワーです。10分おきに触れる場所を変え、体、心、脳を解放したり活性化します。

外界の気と内界の気に分類すると外界の気は体の表面を大きく包み、全身を深くリラックスします。内界の気は体の深い所(潜在意識)を緊張から解放したり元気へ再生します。とてもダイナミックなパワーです。現在は、患者さんが訴えている浅い所、深い所の複雑な部分はサムシング・グレートにすべて任せる意識で行っています。ひたすら、単に腹部と頸部に触れているだけです。

もし、受動的能力に目覚めたならば、能動的能力にも変化が起きるのではないかと思っています。それは、外界の高次な意識体Ⅱとのやりとりができるようになるのではないかと思っています。

内界の気は体、心、脳にダイナミックに作用することはわかっていますが、結果的にグランディング効果に反映されます。そのことが肉体だけではなく、意識体Ⅰ、意識体Ⅱまで良い影響を与えます。そのあとは安定したグランディング効果を感じながら、外界の高次な意識体Ⅱと具体的なやりとりができることになります。それもイメージやテレパシーを感じることではなく、精度の高い触覚を使って施術できるのではないかと思っています。

例えば、患者さんが病気されている部位、自覚症状を訴えている部位、自覚症状はないが潜在意識の中に潜んでいる部位などを私の全身で感じること、患者さんの患部に近づくと掌が反応すること、さらに患部に自然に掌が導かれること。などのテクニックが与えられ、そこへハンドパワーを送ることができ、より効果的な施術ができるのではないかと思っています。さらには三次元の情報(知識)を入れて私がどうしたいのか、何を知りたいのかについても触覚で教えてくれるのではないかと期待しています。

|

2019/09/23

五感を感じる扉と第六感を感じる扉Part2

9月9日(月)に発行したブログのPart2です。

SATOメソッドで自己トレーニングをしているときは五感を開いたまま、第六感の扉を開いた状態です。それも受動的扉を開いて外界の気と内界の気を感じている状態です。

五感の世界には心身に良い情報とエネルギーがある一方、良くない情報とエネルギーもあります。実は第六感の世界にも体と心に良い・悪いの情報とエネルギーがあります。気の世界では正気と邪気といい、スピリチュアルな世界では神霊と邪霊という言い方をする人がいます。よって、五感の扉が開いているよりも第六感の扉が開いている方が良くないとか怖いというイメージを描く人もいます。

SATOメソッドは第六感の扉を開く療法ですが、グラウンディングを重要視するのはそのためです。例えば、一般の人が何らかの原因で第六感の扉が全開したとき、正気や神霊が入ってきたときでも又は自分にとって良いエネルギーであっても五感に慣れている一般人にとっては極度な驚きでマイナスイメージを抱いてしまう人がいるかも知れません。一方、邪気や邪霊が入ってきて想像を絶する恐怖を感じる人もいるかも知れません。

あらためて言います。SATOメソッドがグラウンディングを重要視するのはそのためです。安定、安心が大事なのです。外界の気と内界の気を使ってグランディングを徐々に丹田→足裏→地球の中心→宇宙の中心→宇宙の中心の内奥へと下げていくのは、実は受動的扉を徐々に開いていくためでもあるのです。

すぐに全開するのではなく、少しづつ扉を開きながらエネルギーや情報を受け入れていくのです。そして、徐々に第六感の世界に慣れさせていくのです。私達は時空のある物質宇宙で肉体を背負って生きています。時空のある物質宇宙は収縮気優位の宇宙で五感を感じる宇宙ですが、第六感の扉を開いて正気や神霊のエネルギーや情報を受け取ることにより五感と第六感のバランスを整えていきます。

特にサムシング・グレートから直接私達の肉体に送られてくる内界の気がグラウンディング効果を徐々に高めていきますが、安心して時空のある物質宇宙で暮らしていけますし、たくさんの人達がSATOメソッドを使っていただけると少しづつ私達の地球が浄化・再生へとアセッションしていくのではないかと思っています。

|

2019/09/16

遺伝子とジャンクDNA

NHKスペシャル人体で遺伝子Ⅰと遺伝子Ⅱが放送されました。常にSATOメソッドと現実問題との結びつきについて考えている私としては、今回拝見した番組でとても参考になったので書いてみました。

生命科学については全く素人な私ですが、私の知り得た範囲内でSATOメソッドと遺伝子とジャンクDNAとの関係性について述べてみます。

遺伝子の本体はDNAといい、約30億対のDNAの総称をゲノムといい、そのゲノムの中でタンパク質をつくれるDNAの一部のかたまりを遺伝子と呼び、約2万個あるといいます。しかし、ゲノムの2%に過ぎず、残りの98%はタンパク質がつくれない、わからないDNAをジャンクDNAと呼ばれているようです。

しかし、最近生命科学の分野でジャンクDNAにはたくさんの「宝物」があることを見つけ、世界中の研究者が論文を投稿しているといいます。例えば、人の顔には目、鼻、口、顎、眉毛などがありますが、共通している部分と個人差がある部分とがあるといいます。その個人差にジャンクDNAが関わっているといいます。他に大きくは性格、体質、才能などもジャンクDNAが関係しているといいます。

一方、タンパク質がつくれる遺伝子ではわずか2%の中に人体をつくる基本設計図がありますが、各々の細胞には2万個の遺伝子があり、その遺伝子一つ一つにDNAスイッチがあり、そのスイッチが「OFF」になっていると病気になったり、人体の様々な機能に変調が起きるといいます。そのスイッチを「ON」にすれば病気を改善したり、機能が正常化できるといいます。番組では「運命を変えるDNAスイッチ」と説明していました。具体的には、食事の改善だったり運動機能を高めたりなどの研究がありますが、まだまだ発展途上の段階ともいいます。

さて、SATOメソッドは外界の気(従来のスピリチュアルヒーリング)と内界の気(SATOメソッドオリジナルヒーリング)との組み合わせで施術していることを今までお伝えてきました。外界の気は霊的宇宙にいる高次の意識体Ⅱ(神)と時空のない非物質宇宙にいる意識体Ⅰ(魂またはハイヤーセルフ)と繋がり、シルバーコードを通じて、肉体に入ってきます。一方、内界の気はサムシング・グレートから直接肉体に入ってきます。

いづれも肉体のどこに入ってくるのか医学的には解明されていませんが、もしかしたらあるジャンクDNAまたは遺伝子の「OFF」の部分に入り、体に反応させているかも知れません。特に内界の気は気の重心を限りなく下げて、外界にいる私達、モノ、環境に変化を与えている可能性が大きいのでジャンクDNA、遺伝子のどの部分に影響を与えているか大変興味があります。将来的に生命科学の研究者に機会があればお話させていただき、実験・研究などができたらうれしいです。

|

2019/09/09

五感を感じる扉と第六感を感じる扉

私達、日常的に感じているのは五感。常に五感の扉が開いている状態です。五感は科学的にも証明されています。逆に五感を感じなかったり感じにくいと病気の対象になります。一方、五感以外は第六感といわれ、イメージ、テレパシー、閃き、五感以外の触覚などをいい、科学的には証明されておらず、未科学とおっしゃる科学者もいます。SATOメソッドはまさに未科学に入ると思いますが、肉体的に感じることができる人もいます。その時は第六感の扉が開いている状態です。

そこで、すべての人達が感じられたときは科学的と言われ、一部の人達しか感じられないと未科学の扱いになります。だから未科学の領域で自覚症状を訴えた時は原因がわからないといわれ、対症療法として薬で感じにくいようにされるのが一般的です。

SATOメソッドは第六感の扉を開く療法です。第六感の扉を開く方法は様々ですが、SATOメソッドはスピリチュアルな世界からのエネルギーや情報を入りやすくします。さらに第六感の扉を開くのに自分の中にエネルギーや情報を入れる扉と相手の中にエネルギーや情報を与える扉とがあり、前者を受動的扉といい、後者を能動的扉といいます。

一般の方は五感を感じる扉しか開きませんが、気功、ヒーリング、瞑想、チャネリング、リーディングなどを行っている人は第六感を感じる扉も開くことができます。SATOメソッドは受動的扉と能動的扉を開いたり閉じたりすることを意識するだけでできます。

たとえば、自分のことだけにSATOメソッドを意識したり、「浄化・再生」をコネクトしている時は五感を感じる扉の他に受動的扉も開いているので、体調がいいだけではなく、心地良い瞑想感覚も味わうことができます。

次に、自分以外の他者に対してもSATOメソッドを意識したり、「浄化・再生」をコネクトしている時は五感を感じる扉の他に受動的扉と能動的扉も開くことができます。さらには必要に応じ受動的扉を閉じて能動的扉のみを開くこともできます。その時は瞑想が外れて体や頭がシャキッとしたりすっきりしたりします。

次に、このようなこともできます。五感を感じる扉は開いたまま、受動的扉と能動的扉を開きます。施術している時です。このとき、自分に送られる気を感じながら患者さんに気を送っている時ですが、患者さんがどのように気を感じているか確かめるときは自分に送られている気を感じているのではなく、患者さんが感じている気を直接感じるようにします。体の中でスイッチの切り替えが行われているのでしょう。すべて意識の切り替えをするだけです。

|

2019/09/02

受動的能力に目覚めた時にやりたいことPart2

7月29日(月)発行のブログ「受動的能力に目覚めた時にやりたいこと」では気の重心が「足裏」に下がった時の体力増進、精神安定、脳力開発の変化と頭寒足熱感覚時の応用について書きました。今回はもう少し具体的に書いてみたいと思います。

先ず、自ら感じる扉が開いたらすぐにやりたいことは、70歳代に入って私の体に現れている様々な自覚症状をSATOメソッドを使って1つ1つ解消していきます。気になる部位のすべてを足裏に下げていきます。五感しか感じることができなかったことで起きる老化現象を改善していきます。

次にこれらを安定的にキープできるようになったら、そのような感覚で食事をしたり(食材の良し悪しをチェック)、運動したり(筋肉や関節の動きをチェック)、夢の内容をチェックしたり(五感しか感じなかった時との違い)します。また、足裏重心のときは自己トレーニングをしていないときでも体の中でしっかり気が充満していますので、体と心と脳は安定しています。一方、さらに自己トレーニングをすると気が動くので瞑想状態になりやすくなりますが、実際どちらが仕事しやすいかを切り替えながらチェックします。

次に私以外の人やモノ、環境の様子を感じて、私の体に反応する症状と気の重心との関係について調べていきます。特に、来院される患者さんの病気については病気の部位や自覚症状を訴えている部位を私の体で感じて、と同時にそのときの気の重心をチェックします。重心が上がっていれば、ハンドパワーで重心を下げますが、下がっていく様子を感じてみます。また、今まで患者さんに疑似体験で足裏に重心を下がると自覚症状が緩和されることを感じていただきましたが、私自身も感じてみたいと思います。

次にがん患者さんの場合です。がんにはステージⅠ~ステージⅣまでありますが、すでにがんを発症している患者さんのステージを感じてみます。私の体で各ステージを感じてみます。そうすれば体の反応と気の重心の関係がわかってきます。例えば、ステージⅣの末期がんのときの体の反応と重心をチェックして、どこまでがんが広がっているのかを感じてみます。また、患者さん自身にも感じさせることができるので比較しながらチェックします。

私が信頼している近藤誠先生がおっしゃっているがん幹細胞が、がんの原因の大本であることから、正常な幹細胞とがん幹細胞の違いやがん化した前駆細胞や分化細胞を感じたりします。具体的には、0.1mm~1mm程度の初期のがん幹細胞、前駆細胞、分化細胞、1cmまで大きくなったがん幹細胞、前駆細胞、分化細胞との違い、さらには「がんもどき」か「本物のがん」との違いが気の変化で感じることができるか確認したいと思います。そして、ハンドパワーでがん幹細胞の分裂を止めたり、がん化した前駆細胞、分化細胞の分裂を止めたり、アポトーシスを誘導できるか試してみたいと思っています。もし、それらのがん幹細胞、前駆細胞、分化細胞の動きや変化、そして重心が下がったら超音波検査、CT、MRI、PET、病理検査などで確認して頂きます。

最後に、3年前に母が他界したのですが、SATOメソッドを愛した母でしたのでとても安らかに旅立ちをしたと思っています。来年以降感じる扉が全開(気の重心でいえば宇宙の中心の内奥)したときは、霊的宇宙にいる母を感じてみたいと思っています。また、他界する直前と直後の様子も感じてみたいと思っています。いつも患者さんには死は怖いものではないとお話ししたり、気の重心が宇宙の中心の内奥まで下がった人で要望があれば、他界された患者さんの両親と再会する体験をしていただきました。深い安らぎを感じたといいます。あらためて体験を通じて死は怖くないことを知っていただきたいですね。

|

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »