« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

2019年8月

2019/08/26

がん幹細胞による「本物のがん」と「がんもどき」

4月29日(月)発行のブログ「眠っているがんを起こしてはいけない」を拝読して、に引き続きベストセラー作家・医師 近藤誠先生の著書「がん放置療法のすすめ」文藝春秋の中で、特に「本物のがん」と「がんもどき」になる原因ががん幹細胞によるものであると説明しているので紹介します。

がん細胞は正常細胞の遺伝子変異の積み重ねにより発生し、それが分裂・増殖することで、一塊のがん=悪性腫瘍をつくります。そのため従来は悪性腫瘍を構成する数億、数十億のがん細胞はどれも同じ性質のものと考えられてきました。しかし、がん細胞にはいくつかの性質の異なった複数のものがあり、がん=悪性腫瘍を作り出す大本のがん細胞の存在が明らかにされたのです。それが「がん幹細胞」です。と先生はいいます。

具体的には1個のがん幹細胞が発生すると、そのがん幹細胞の分裂・増殖によって、それと同じがん幹細胞と、分裂・増殖の激しい前駆(がん)細胞がつくれます。さらに前駆細胞から分化(がん)細胞がつくられます。といいます。

では他臓器へ転移し、命を奪う「本物のがん」と他臓器へ転移しない「がんもどき」の違いはどの時点で生まれるのでしょうか。それは最初の1個のがん幹細胞が発生したときです。つまり、多臓器へ転移する遺伝子変異が生じたがん幹細胞、すなわち転移能力のあるがん幹細胞は「本物」を形成し、初発がん又は原発がんに留まり、転移能力がないがん幹細胞は「もどき」をつくるのです。といいます。

さらには、次のような症例を出してがん幹細胞について説明しています。ちなみに転移巣が発見されたのに、いくら探しても初発病巣(原発巣ともいう)の臓器がわからない「原発不明がん」といわれるがんがあります。ドリフターズのいかりや長介さんの命を奪ったがんです。首の頸部リンパ節が腫れて(生検による組織診で)がんの転移巣と診断されたのに、最後まで初発巣が突き止められず、もともとどこの臓器に生じたがんだったのか最後まで不明でした。

この原発不明がんは「多段階発がん説」で説明できませんが、「がん幹細胞」によれば説明できます。といいます。ある臓器に発生したがん幹細胞が発生直後に分裂・転移し、転移した部位でがん幹細胞から前駆細胞や分化細胞が分裂・増殖して、転移巣を形成したものと考えられるのです。他方、初発巣のがん幹細胞は(未知の理由によって)なかなか分裂・増殖せず、発見できる大きさにならないと考えられます。

最後に次のように言います。繰り返しになりますが、「本物のがん」と「がんもどき」は正常細胞からがん幹細胞が発生するその時点で、決定づけられています。がん細胞の発生後に、おもむろに遺伝子変異が積み重なって悪性度が高まり、がんが周囲の組織へ浸潤し、さらに他臓器へ転移するようになるという「多段階発がん説」は誤りです。そのことががん幹細胞の発見という事実によって裏付けられたのです。

ここまでが近藤先生が言い続けてきた「がん放置療法」のすすめです。

幹細胞が何らかの原因でがん幹細胞になってしまったことにより、「本物のがん」と「がんもどき」が運命づけられます。とてもわかりやすいです。しかし、がん幹細胞にならないように予防することは出来ないのでしょうか。がん幹細胞にならないように遺伝子を調節することは出来ないのでしょうか。また、「本物のがん」になってしまえば100%改善は望めないのでしょうか。がん細胞の分裂・増殖を止めたりアポトーシスを起こすことは出来ないのでしょうか。最近の生命科学では遺伝子になれない98%のジャンクDNAの中に「宝物」と思われるDNAがあるといわれていますが、SATOメソッドはそこに働きかけて改善させることができないかと思っています。

一方、タンパク質をつくることができる残りの2%の遺伝子とは別に遺伝子の働きをコントロールする仕組みがあるといい、生命科学ではその仕組みをDNAスイッチと言って「運命を変えるスイッチ」ともいいますが(専門的にはエピジェネティックス)、そこにもSATOメソッドは働きかけることができるのではないかと思っています。

さらにはブログ「眠っているがんを起こしてはいけない」を拝読して、にも書きましたが、SATOメソッドで気の重心を足裏→地球の中心→宇宙の中心→宇宙の中心の内奥へと下げていくと、精神的にがんに対して、死に対して恐れなくなります。結果、よく「ピンピンコロリ」という言葉が使われますが、死のまぎわまで元気で生きて、コロッと楽しい世界へと旅立つことができることを伝えたいですね。

|

2019/08/19

外界の気と内界の気を使う新しいSATOメソッドPart3

前回のブログ「外界の気と内界の気を使う新しいSATOメソッドPart2」で書きましたように大いなる生命力は収縮気と拡大気の総称で「ゆらぎ」ともいい、SATOメソッドではその大いなる生命力の根源をサムシング・グレートと呼びました。私達のいのちの源。学びや気づきのために創造された肉体や意識体にいのちの栄養「ゆらぎ」を誰をも差別することなく、自由に平等に永遠に注ぎ込まれる普遍的存在。

あらためてサムシング・グレートはどのような働きをしているのか整理してみます。

①ひとつめは、サムシング・グレートは3つの宇宙を創造した源。

②ふたつめは、サムシング・グレートは創造した3つの宇宙に生命力を注ぎ込む源。生命力は収縮気と拡大気の総称。大きく捉えれば、収縮気は意識を身体化する気、私達が住む時空のある物質宇宙を感じさせる気ともいえます。拡大気は意識を精霊化する気、意識を肉体から解放させる気ともいえ、時空のない非物質宇宙、霊的宇宙を感じさせる気と言えます。

気の重心が「足裏」までは収縮気優位状態で肉体を感じさせることが強い。「地球の中心」と「宇宙の中心」は拡大気優位状態で肉体感覚が薄く感じる浅い瞑想。心や潜在意識を感じる重心ともいえます。さらに気の重心が「宇宙の中心の内奥」になると拡大気優位状態で肉体が感じにくい深い瞑想。このように収縮気と拡大気のバランス関係で生命力のレベルも違ってきます。

③みっつめは、サムシング・グレートはゆらぎの源。時空のある物質宇宙は時間と空間と物質を感じさせるゆらぎの宇宙。私達の肉体はこの宇宙で生きています。時空のない非物質宇宙、霊的宇宙は時空や物質が感じにくいゆらぎの宇宙。意識体Ⅰ、意識体Ⅱはこの宇宙で生きています。

超ひも理論では空間を限りなく小さくすると10のマイナス35乗メートルとなり、プランクスケールというそうです。時間も同様限りなく小さくすると10のマイナス44乗秒となるそうです。そのときは宇宙の始まった直後で、4つの力(重力・電磁力・強い力・弱い力)が一つ一つ枝分かれをしていくようです。そして、ビックバンが起き、様々な素粒子が誕生します。

一方、遠くから素粒子をみると粒のように見えるが、近づいてみるとひもが振動しているようにみえ、素粒子の先はひものようなものが振動しているのではないかと言われ、その振動をゆらぎと呼ぶ研究者がいます。宇宙が誕生する前は4つの力が統合されているのではないかとの説が有力ですが、そのときの様子は素粒子ではなくひものようなものが振動しているのでしょうか。

④よっつめは、サムシング・グレートは意識をつくった源。時空のある物質宇宙に住んでいる肉体、時空のない非物質宇宙に住んでいる意識体Ⅰ、霊的宇宙に住んでいる意識体Ⅱには意識が宿っています。意識が宿っているから各々が繋がることができるのです。しかし、意識がズレたり、ブレたり、レベルが下がったりすることにより意識の繋がりが弱くなったり、無くなったりします。

肉体、意識体Ⅰ、意識体Ⅱ、各々に意識があると思った理由は臨死体験です。臨死体験中は時空のある物質宇宙から見ると肉体が瀕死の状態で意識はないように見えます。しかし、本人は時空のない非物質宇宙で天井から見下ろしている意識があります。次にトンネル体験をしたあと、霊的宇宙では光の体験、花園体験、そして先祖との再会など体験し、そのときも意識はしっかりしています。

SATOメソッドでは40兆個の細胞に意識があるからこそお互いにメッセージを送りながら体内ネットワークを構築し、健康づくりをすることができるのではないかと思っています。最近の生命科学でもいわれ始めていますが、元来意識はサムシング・グレートからつくられたものと思っています。40兆個一つ一つの細胞が活動できるのはサムシング・グレートからゆるぎなく生命力が送られているからと思っています。

 

 

|

2019/08/12

外界の気と内界の気を使う新しいSATOメソッドPart2

私達の肉体や意識体に注ぎ込まれる大いなる生命力はどこからくるのだろうか。大いなる生命力は収縮気と拡大気の総称で「ゆらぎ」ともいえます。SATOメソッドではその大いなる生命力の根源をサムシング・グレートと呼んでいます。永遠のいのちの源。学びや気づきのために創造された肉体や意識体にいのちの栄養「ゆらぎ」を誰をも差別することなく、自由に平等に永遠に注ぎ込む普遍的存在。

サムシング・グレートという呼び方を世の中に広めたのは遺伝子研究の世界的権威である村上和夫先生(筑波大学名誉教授)で、「偉大なる何者か」と提唱されています。SATOメソッドではサムシング・グレートを「内界」とも呼んでいます。

一方、私達の肉体が住んでいる時空のある物質宇宙と私達の魂(意識体Ⅰ)が住んでいる時空のない非物質宇宙、私達のご先祖様(意識体Ⅱ)が住んでいる霊的宇宙を「外界」と呼びました。外界は内界から湧き出たゆらぎから誕生した物質宇宙、非物質宇宙、霊的宇宙です。肉体、意識体Ⅰ、意識体Ⅱも内界から生まれました。そして、それぞれに意識があります。

この三つの宇宙に住む肉体、意識体Ⅰ、意識体Ⅱに大いなる生命力を差別されることなく注ぎ込まれるのですが、輪廻転生を繰り返ししている内に霊的宇宙の中に高次元世界(光の部分)から低次元世界(闇の部分)までの階層世界ができてしまいました。

なぜ、階層世界ができてしまったかというと外界の時空のある物質宇宙に住む私達の体験や生き方、心の光と影の部分が意識体に記憶され、死後想念となり、霊的宇宙に階層世界として反映されたものと感じます。(意識体Ⅱ)一方、時空のない非物質宇宙でも、死後自分が死んだと思わない意識体Ⅰがいて霊障化して、生きている人達に憑依するものもいます。

次にサムシング・グレートから発する生命力の経路には2種類あることを2018年11月5日(月)発行のブログで紹介しましたが、もう一度整理してみます。一つ目の経路はサムシング・グレート→霊的宇宙→時空のない非物質宇宙→時空のある物質宇宙へと2つの宇宙を経て、最後に時空のある物質宇宙に外界の気として注ぎ込まれます。

例えば、一般的な気功は外界の時空のある物質宇宙にある生命力を肉体で受けます。一方、スピリチュアル系のヒーリングやチャネリング、リーディングなどは外界の霊的宇宙の生命力を受けている意識体Ⅱ(神)と時空のない非物質宇宙にいるご自身の意識体Ⅰ(魂)と繋がり、シルバーコードを通じて肉体で受けます。SATOメソッドの外界の気はスピリチュアル系のヒーリングになります。尚、90年代のSATOメソッドのグランディングは地球の中心と繋がり(イメージする)、大地の力を足裏から呼び込み、気の重心をしっかり丹田に落とすことでした。

そして、同じ肉体で外界の気を受けても時空のある物質宇宙にある生命力と霊的宇宙にある生命力とはゆらぎの質が違うので肉体で受ける感覚は違っています。具体的には、一般的な気功の場合は五感に近い外界の気を感じますが、スピリチュアル系の外界の気は肉体の頭頂部から「スー」と入って体の表面を包むような感じです。とても柔らかい気で全身がリラックスします。それから、肉体、意識体Ⅰ、意識体Ⅱがお互いに繋がるのは各々に意識があるからです。

次に、2つ目の経路はサムシング・グレートから別経路を経て、肉体で直接受けます。外界を通さないで受けます。こちらも肉体に意識があるので繋がります。ただ、SATOメソッド特有で「浄化・再生」と言霊をコネクトして、初めて繋がります。具体的には、もう一つの経路から入ってくる内界の気は肉体の下丹田(腹)、中丹田(胸)、上丹田(眉間)の中から突然湧きながら入ってきて波紋のように広がっていく感じです。外界の気に比べて柔らかくダイナミックです。SATOメソッドの内界の気はオリジナルヒーリングになります。気の重心が丹田より下、足裏→地球の中心→宇宙の中心→宇宙の中心の内奥へとグランディングするのも内界の気が働いているからです。

尚、90年代のグランディングは地球の中心をイメージして、気の重心を「丹田」に落とすことでしたが、、21世紀に入ってからは「浄化・再生」を心の中で唱えるとサムシング・グレートと直接繋がり、気の重心を「足裏」~「宇宙の中心の内奥」まで落とすことができました。

結局、内界の気が誕生したのは外界を浄化・再生するためと思っています。特に地球のアセッションと人類のアセッションのためと思っています。そのためにサムシング・グレートは、私達にだれでも、どこでも、いつでもできるようにしてくれました。

最近の生命科学では脳からの一方的なシグナルで臓器、細胞が活動しているのではなく、臓器同士、細胞同士がお互いにメッセージ物質を出しながら体内ネットワークを構築し、健康づくりをしているといいます。まさに40兆個の細胞の一つ一つに意識があるように感じます。量子物理学では量子は物質としての固体ではなく「もやもや」した気体のような素粒子で多様性に富んでいるといいます。従来の科学では解けないこともできるようになると言います。

SATOメソッドのメカニズムについて、来年以降、私自身が自ら気を感じることができれば、その辺のことを詳しく感じてみたいし、未来の生命科学と量子物理学の発展に委ねたいと思います。

 

|

2019/08/05

受動的能力と能動的能力Part2

受動的能力の重心が「宇宙の中心の内奥」にあっても能動的能力の重心が「丹田」にあるときがあります。それは治療家であればSATOメソッドで施術する時間や回数が少なかったり治療家以外の人であれば自己トレーニングしか行わない人、あるいは患者さんや家族に対してSATOメソッドを使って痛みや悩みから解放してあげたいという想いが浅いと施術効果に現れにくいことがあります。

一方、能動的能力の重心が「宇宙の中心の内奥」にあっても受動的能力の重心が「足裏」にあるときがあります。患者さんや家族に対しての想いが深く実行して効果を発揮してもご自身の体と心のケア―がおろそかになる、または自己トレーニングが少ないと他者に感謝されても、ご自身の体や心に自覚症状が現れることがあります。

特に受動的能力の重心が一時的でも「宇宙の中心の内奥」を経験したあとに「足裏」に上がってしまうと自覚症状が出やすくなります。原因は宇宙の中心の内奥と足裏ではギャップがありすぎて脳が異常を感じ、このような現象を起こすのではないかと思っています。

よって、心がけることは、先ずご自身の体、心、脳の気の重心をできるだけ下げ、受動的能力を高めてから能動的能力の向上に着手することです。そして、患者さんや家族に対して痛みや悩みを抱えている人に深い慈しみの心を抱いてほしいと思います。

理想は受動的能力の重心と能動的能力の重心が安定して「宇宙の中心の内奥」に下がっていることです。ご自身の体力増進、精神安定、脳力開発が向上するだけではなく、他者に対してもこのようなことができるようになります。

|

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »