« 様々な事件について考える | トップページ | 受動的能力と能動的能力Part2 »

2019/07/29

受動的能力に目覚めた時にやりたいこと

気の重心が「宇宙の中心の内奥」に下がっている患者さんに協力して頂いたところ、私の場合は2020年になると気を感じる能力「受動的能力」に目覚めるといいます。それ以降、2025年頃になると「宇宙の中心の内奥」まで下がり深い瞑想を感じるといいます。

現在来院された患者さんにSATOメソッドを行い、5回の対面式外気功で気の重心が「足裏」まで下がる人が80%から90%に達することができました。それだけ感じさせる能力「能動的能力」が28年間で達することができたと思っています。

では受動的能力が2020年に目覚め、例えば気の重心が足裏に下がり、足裏重心で患者さんと同じように体感できるということであれば一つ一つ検証していきたいと思いました。

足裏重心のもっともわかりやすい体の反応は、足裏が下から引っ張られる、吸い付く感じなど「すり足」のような肉体感覚になり、全身が軽くなります。(丹田重心は上半身だけ軽くなります)その時は体だけではなく、心も軽くなり(胸に解放感があり呼吸が楽になる)、頭も軽く雑念が湧きにくくなります。具体的にこのような肉体感覚で1日過ごせたら、今より体力がつき、本をたくさん読めるのではないかと想像しています。

次に感じたいのは頭寒足熱感覚です。下半身は温かく、上半身は涼しく感じる感覚です。みぞおちを境に下半身と上半身に温度差を感じます。それも体の表面ではなく深部に感じることです。特に夏の猛暑時期に試したいですね。例えば、外出した時、冷房の効いた電車に乗っている時、頭寒足熱感覚になると暑さや冷房に対して体がどのように変化して不快感を感じないようになるのか検証したいですね。他に仕事中や睡眠中にも頭寒足熱効果がどのように現れるか確認したいです。

また、気を感じながら施術をしている時の気分。患者さんが気を感じている感覚を同化させてみたり、自覚症状を訴えている部位、病気の部位なども感じてみて、気の重心との関係性についても確認したいです。

現在は自ら気を感じることができないので、患者さんが感じた時の情報(28年間の情報すべてが脳の中に知識として入っています)や多少直感力を働かせて、初めて受ける患者さんに説明しているレベルですが、気感があれば気の重心が足裏でも様々なことがわかるような気がします。そうなれれば、すでに重心が下がって日常生活やビジネスに活用している多くの皆さんにもあらたな指導ができると思っています。

最後に、来年から気を感じる能力が上昇し、体力、精神力、脳力が向上すれば、70歳になった私としては年を取る程元気になる不思議な現象が起きる可能性があります。とても楽しみです。

 

|

« 様々な事件について考える | トップページ | 受動的能力と能動的能力Part2 »