« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月

2019/06/24

受動的能力と能動的能力

一般的に気功を習うときは気を感じる受動的能力を養うためのトレーニングを行います。SATOメソッドも最初の5回までは気の重心が「足裏」まで下がるように施術を受けながら自己トレーニングを行います。自己トレーニングは受動的能力を養うためのトレーニングです。

当センターでは足裏まで重心が下がったら治療家であれば患者さんに、治療家以外の人には家族に施術をしても良いと指導しています。いわば受動的能力を養うことができれば気を感じさせる能動的な能力も発揮できると思っているからです。

もう一度いいます。一般的に気功の施術ができるようになるためには受動的能力を発揮できるようになってからと言われます。SATOメソッドでも患者さんが施術を受けている内に受動的能力を養い、次第に能動的能力を発揮できるようになってきます。

あるとき次のようなことに気づきました。受動的能力には気の重心がありますが、能動的能力にも気の重心があることに気づいたのです。他者に気を送るにしても能動的能力の重心が丹田にある人と足裏にある人、さらには地球の中心にある人では他者に気を感じさせるレベルが違うことがわかったのです。

例えば、気の重心をみると受動的能力として宇宙の中心の内奥まで下がっていても能動的能力としては足裏にあることがわかったのです。それだけ気を感じさせる能動的能力を発揮することは何か条件が必要なのかもしれません。例えば、自分に気を取り入れる自己トレーニングだけではなく他者に気を送れるトレーニングも必要と思われます。例えば、治療家であれば施術する時間や回数を増やしたり、治療家以外の人であれば、できるだけたくさん家族にやってあげられるといいと思います。また、人に限らず動物や植物にも心を込めて気を送ってあげることもいいと思います。よって、最近は患者さんや家族に施術をする場合は受動的能力に加え、能動的能力を表す気の重心も「足裏」に下がった方がより効果が出やすいことを話しています。

実は、私は少し変わっていまして能動的能力が先行して、28年前から徐々に高まり、気の重心を宇宙の中心の内奥まで下げられるレベルまで達成することができました。よって、感受性がそれほどない一般的な人でも5回受療すれば80%~90%の人は足裏まで下がります。

一方、受動的能力の重心は丹田程度しかなく直接気を感じることは出来ないのです。なぜ、28年間気を感じることができないのかわからないままでしたが、受動的能力と能動的能力とは違うんだと知るだけではなく、私の場合は感じさせる能動的能力を養うことが先行しなければならない理由があったのです。

それは、先に受動的能力を発揮してしまうと、自分だけがわかって一般の人達には理解できない感じられない、特別な人になってしまう恐れがあり、だれでも,どこでも,いつでもできるSATOメソッドを多くの人達に伝えられなくなります。そのためには感じさせる能動的能力が先行しなければならないのだと思いました。そして、28年間はそのための期間であるのかも知れないと思いました。結果、気を感じられないことにより客観的な考え方を保つことができました。

では、私自身に受動的能力が現れるにはいつ頃なのでしょうか。令和の時代に入り直感的に受動的能力に目覚める時期に来たのではないかと思い、気の重心が宇宙の中心の内奥まで下がった複数の患者さんに協力して頂き、受動的能力がいつ頃から現れるか感じていただきました。

現在は気の重心が頭~丹田で気は感じられないといいます。私自身もおっしゃるように感じられないので事実として受け止めました。次に、1年後はどうですかと聞きました。重心は膝に感じ温かさと少し涼しさも感じます。といいます。気の反応は初級レベルですが、感じられることにとてもうれしく思いました。次に、2年後は足裏~地球の中心にあり、心身共に安定感を感じますといいます。このような感覚で1日を過ごすことができたら行動範囲が広がるだろうなと思いました。次に、3年後は宇宙の中心、4年後は宇宙の中心の内奥。2025年になって能動的能力と受動的能力の重心が同じになり「宇宙の中心の内奥」でも、とても深く広がりがありますといいます。

SATOメソッドが誕生して能動的能力が先行して28年間経過しましたが、ようやく受動的能力にスイッチが入って、それもすぐに能動的能力と同じように発揮されるのではなく、徐々にレベルアップしていくようです。能動的能力が変化してきたように丹田→足裏→地球の中心→宇宙の中心→宇宙の中心の内奥へと。そういえば90年代の能動的能力を発揮している時の私の重心は丹田であることを知りました。

それにしても、能動的能力の重心が宇宙の中心の内奥まで到達するのに28年以上経過したわけですが、受動的能力の重心を宇宙の中心の内奥まで下げるのにゼロから5年くらいで達成できるわけですから喜ぶべきと思いました。将来がとても楽しみです。

|

2019/06/17

2025年問題

令和の時代に入り、様々な情報が入ってきます。

私が気にしていることは大きく三つの社会現象が起きるといわれていることです。

ひとつめは、2025年頃になると団塊の世代の人達(75歳前後)の約半分が介護の対象になるという情報です。団塊の世代はベビーブームの世代ですので多くの後期高齢者がいます。医療機関や介護施設の対応が注目されます。さらに気になるのは団塊の世代の両親をもつおとな達は30代~40代ですので仕事をしながら介護ができるかが心配です。

二つめは、AIの目覚ましい進化と発展により、2025年頃になると労働者の1/3はAIが変わりを行うようになるという情報です。失業問題に発展する可能性があります。ある番組では進化した多種多様のAIが紹介され、考えるAIもいれば、感情表現のできるAIも存在していました。将来的には心をもつAIも出現するといいます。しかし、私達には良い心をもつ人もいれば悪い心をもつ人もいます。AIも人間と同じようになると大変なことが起きます。AIを製作する段階でプログラムしなければなりません。そのためには人間の心をもう一度見直す研究をしなければならないとある研究者はいいます。

三つめは、現在目覚ましく普及しているスマホですが、このままでいくとスマホ中毒になり、脳に悪影響を与えるといいます。そして、2025年頃になると脳血流障害が大きな社会問題に発展。特に子供の脳血流障害がクローズアップされるという情報です。コンピュータの発展は便利さと効率さは優れていますが、コンピュータに依存しすぎると人間の心を失い、逆にコンピュータに使われてしまう可能性もあるといいます。それが中毒として現れてくるのかも知れません。いづれも令和の時代の最初の社会問題になることは間違いないと思っています。

そんな時代になったとき、SATOメソッドはどのような役割ができるか考えてみました。

6月10日に発行した「令和の時代とSATOメソッド」で述べましたが、私の中では令和とSATOメソッドの間には何か特別な繋がりがあるように感じます。ブログでは2020年には気を感じさせる能動的な能力だけではなく、自ら気を感じることのできる受動的な能力も備わるのではと述べました。

もし、現実にそうなれれば、今より体力がつき、活動範囲が広がります。心はいつもワクワクして、ストレスを溜めることはありません。さらに集中力、想像力が脳内から湧き、多様な知識をスムーズに学習できたり、アイディアが浮かんできます。また、患者さんの病気の原因や隠れていた症状など、気でキャッチできる直感力も備わるでしょう。

SATOメソッドが誕生して29年目になります。患者さんに気を感じていただき、感じる能力が備わることにより、体力増進、精神安定、脳力開発が具体的に私生活やビジネスに活用していただくように指導してきました。長期間にわたってSATOメソッドを活用してきた患者さんは受動的な能力だけではなく能動的な能力も備わり、例えば治療家は患者さんに活用し、治療家以外の人は家族に活用して頂きました。

一方、私の場合は、現在は能動的な能力しか発揮できませんが、受動的な能力も発揮できれば応用範囲も広がり、もっと詳しく、具体的に指導ができそうな気がします。また、自身の体力もつきますから行動範囲も広がり、2025年問題の三つの社会現象に積極的に貢献できると思っています。

|

2019/06/10

令和の時代とSATOメソッド

5月1日は令和の時代の幕開けです。

そこで私は次のようなことが浮かんできました。1989年に平成の時代が訪れましたが、1990年にSATOメソッドが誕生。1991年に脱サラして佐藤気功センターを開設することができました。活動開始です。

このような経緯から2019年には令和の時代が訪れたことにより2020年にあらたなSATOメソッドの誕生。2021年にあらたな活動のはじまりと考えることができないかと思いました。

精神世界では2018年~2020年にフォトンベルトによって地球が覆われることによりスピリチュアルなことに目覚める人と眠ったままの人との二極化が起きるといいます。いわば地球のアセッションと人類のアセッションが本格的に起きるということです。時期的に合致します。

SATOメソッドでは、昨年はがん、脳血管障害、虚血性心疾患などの生活習慣病の患者さんが多く来院し、改善されました。今までは心の病気を患っている患者さんや自己啓発を求めてくる患者さんがほとんどでした。このような現象が今も継続しています。これは年号が変わることと、フォトンベルトの影響が関係しているのでしょうか。

いよいよ2020年は1990年にSATOメソッドが誕生したようにあらたな大きな動きがあるかも知れない。あらたな動き、あらたな誕生。「浄化・再生モード」が日々進化していることはわかっていますが、あらたなモードが誕生するのか、それとも、よく考えてみると私自身は気を感じさせる能動的な能力はあるものの、自ら気を感じる受動的な能力はないことに気づきました。

仮にあらたに受動的な能力に目覚めれば、今以上にSATOメソッドの発展に貢献できると思いました。2020年には受動的な能力に目覚め、2021年にはさらに活動範囲が広がることを考えれば昭和から平成、平成から令和に年号が変わる時期と、SATOメソッドが発展する時期と合致するかも知れません。

早速、気の重心が「宇宙の中心の内奥」に下がっている患者さんに協力して頂き、私の現在の気の反応、1年後の気の反応、2年後の気の反応を感じていただいたところ、現在は気を感じないことや1年後、2年後には気をしっかり感じていることを確認して頂きました。とても楽しみになりました。わくわくしています。

|

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »