« 整骨院での臨床成果(体験談) | トップページ | 遠隔気功による右肘の骨折改善例Part2 »

2019/04/29

「眠っているがんを起こしてはいけない」を拝読して

今回は大型連休に入りますので4月29日(月)から5月12日(日)まで2週間発行します。次回は5月13日(月)が発行日です。

著者、近藤誠先生の著書はたくさんありますが、複数の著書を拝読してきた中で、最近発売された「眠っているがんを起こしてはいけない」はとてもわかりやすく、近藤先生が長い間訴えてきた「放置療法」のすすめをしっかり理解しました。

あらためて、ヒトの生きる力、人体の自然治癒力の凄さを知りました。末期のがんを患っても好きなことをして、好きなものを食べて、常にリラックスした日々を送っていれば、手術や抗がん剤治療を受けることよりも寿命が延びることを述べられています。

では生きる力、自然治癒力の源はどこにあるのでしょうか。SATOメソッドでは、その源を「サムシング・グレート」だと強く深く思っています。サムシング・グレートは私達が住む「時空のある物質宇宙」まで生命エネルギー(収縮気・拡大気)としてゆるぎなく注ぎ込んでいることは体感的にわかっていますが、具体的には地上に注ぎ込まれた生命エネルギーが空気と同じように呼吸をすることにより体内に入ってきます。

それに比べてSATOメソッドは肉体の内側に意識体(魂)があり、さらに意識体の内側に本質的な「本体」があり、その本体が深い眠りから目覚めると直接サムシング・グレートから私達の本体に注ぎ込まれ、逆に本体→意識体→肉体と内側から湧き上がり地上(外界)から入ってくる生命エネルギーよりは肉体に与える影響が強く深いと思っています。それで気の重心が「丹田」と「宇宙の中心の内奥」の違いにあると思っています。

SATOメソッドでは前のブログで紹介しましたように初級、中級、上級のレベルがあることを書きました。近藤先生が好きなことをして、好きなものを食べて、常にリラックスした日々を過ごすことが生きる力、自然治癒力が高まり、末期がんでもがんが消えた事例があるといいます。逆に手術することにより休眠がん細胞が暴れて、あらたな転移を起こし、寿命を縮めてしまうといいます。

では初級レベルではどのような変化が起きるのでしょうか。気の重心が「足裏」まで下がり、体や心、頭が軽くなります。特に雑念が湧きにくくなり、がんに対して拘りが弱くなります。次に中級レベルでは気の重心が「宇宙の中心」まで下がり、心がワクワクしたり幸せな気持ちになったり、集中力、直感力、想像力が湧いてきて、生きることに充実感が出てきます。自分が末期がんであることが忘れてしまうくらいです。

次に上級レベルになると気の重心が「宇宙の中心の内奥」まで下がり、末期がんの患者さんが次のようにいいます。体内にいる末期がんがおとなしくしているとか、徐々に小さくなってしまいに消えてしまっているような感覚があるといいます。上級レベルになるとかなり体が敏感になり透明感を感じるようになりますが、活発ながん細胞が活動停止したりアポトーシスを起こしているのでしょうか。

さらには患者さんの家族や関係者から本人の傍にいると逆に元気をもらうといわれるそうです。SATOメソッドからいうと気が体内に湧き上がり、充満した生命エネルギーが肉体からはみ出し、地上に出ることにより周囲の人達にも影響を与えているものと思っています。

近藤先生は手術や抗がん剤治療に対して客観的データを示して厳しいことをおっしゃっています。さらに食餌療法や免疫療法、様々な民間療法にも厳しいことを言っております。SATOメソッドも民間療法に入ると思いますが、近藤先生はSATOメソッドをどのように評価してくれるでしょうか。将来において先生と対談ができることを楽しみにしたいと思っています。

最後に、著書のあとがきに、近藤先生は次のように述べられています。

がんは老化現象ですが、それはいいかえれば自然現象ということです。・・・わたしたちにとって大切なことは自由に生きる、なにものにもわずらわされずに生きる、ということではないでしょうか。そのためには死ぬまで、やまいからも解放される必要があるはずです。・・・しかし、他方、やまいは気からというように、やまいは自然現象につけられた名称であってわたしたちの頭の中や観念のうちにしか存在しないとみることも可能です。とおっしゃっています。

SATOメソッドは末期がんを恐れなくなるだけではなく死に対しても恐れなくなります。肉体に意識を集中するからこそ末期がんを宣告されると死を恐れてしまうのだと思っています。SATOメソッドは徐々に深い瞑想状態になってくると肉体に集中しなくても生きていけるような感覚になります。末期がんや死に対しての拘りがなくなることで寿命が尽きるまで自由で楽しい日々を過ごせるような意識を感じさせることなのです。結果的にそのことが生きる力となり自然治癒力を高めるパワーにもなります。近藤先生がおっしやっている老化現象であり、自然現象の解釈を私はこのように理解しています。

|

« 整骨院での臨床成果(体験談) | トップページ | 遠隔気功による右肘の骨折改善例Part2 »