« 子宮筋腫が小さくなり無事妊娠できた | トップページ | 脊髄小脳変性症の改善例 »

2019/02/25

宇宙の中心の内奥の魅力

SATOメソッドの特徴は体の内側から気が湧いてくることと丹田より下、足裏→地球の中心→宇宙の中心→宇宙の中心の内奥へと気の重心が下がっていくことです。

なぜ、下がるかは肉体の内側に意識体があり、意識体の内側に「本体」がありますが、その本体が目覚めて活性化すると下がっていくのです。

また、SATOメソッドは従来の精神世界の考え方とは違い、時空のある物質宇宙(人間界)の内側に時空のない非物質宇宙(精霊界)があり、さらに内側に霊的宇宙(霊界)があり、その内奥にサムシング・グレート(ワンネス)があると捉えています。

さて、本体が活性化することにより気の重心が下がっていくのですが、SATOメソッドでは「足裏」まで下がると初級レベルと捉え、体の世界で、体と心と頭(脳)が軽くなります。特に頭が軽くなると雑念が湧きにくくなるのが特徴です。足裏重心でもステージⅠの腎臓がんが消滅しました。

次に「宇宙の中心」まで下がると中級レベルと捉え、心の世界で潜在意識の世界ともいい、体と心と頭がより軽くなるだけではなく、潜在能力が向上し、集中力、直感力、想像力が高まります。そして、心が解放され、ワクワク感、楽しい、幸せ感などの感情が湧いてくるのが特徴です。宇宙の中心で子宮筋腫が小さくなったり骨折が再生されたことはブログで紹介しました。

次に宇宙の中心の内奥まで下がると上級レベルと捉え、魂の世界を初めて感じます。体と心と頭が超軽くなるだけではなく透明な感覚すらあります。そして、周囲の人達に良い影響を与えやすくなります。なぜ、周囲に良い影響を与えるかというとご自身の肉体から湧き上がる気が地上に出て、1メートル→2メートル→3メートル等と広がっていきます。いわば周囲の環境が変わる。雰囲気が変わる。空気が変わるなどです。

実は宇宙の中心までは自分の体の浅い所、深い所まで気が入り、様々な効果を体験することができますが、宇宙の中心の内奥まで下がると、なぜ、周囲の人達に良い影響を与えることができるのか不思議でした。

宇宙の中心の内奥には意識体Ⅰ、意識体Ⅱ、本体があり、意識体Ⅰから本体へと下がっていきますが、例えば、意識体Ⅰは時空のない非物質宇宙いる感覚で、あたかも意識体になった感覚、光のカプセルの中にいる感覚、映像が浮かんでくると天井から自分の肉体を垣間見ている感覚になります。このような深い瞑想の感覚のとき、自分の肉体からどれほど地上に気が湧き出ているのか意識すると数cm~数十cmほど出ている感覚になります。

同様に意識体Ⅱになると光のカプセルがもっと大きくなり、どんどん広がっている感覚になり、映像が浮かんでくると死後世界や神々の姿を見ることがあります。その時もどれほど地上に気が出ているか感じると1メートル以内ではあるが数十cmほど肉体から出ている感覚になります。

最後に、本体まで下がるとサムシング・グレートを直接体感でき、静寂で、微細な粒子の世界で、無になった感覚です。どれほど肉体から地上に出ているかを意識すると本体に下がったばかりの時は1メートル位出ている感覚になりますが、本体よりさらに内側(サムシング・グレートのさらに内奥)に下がると2メートル→3メートル→4メートルなどと気が地上に出ている感覚になります。

そうなると患者さんの周囲の環境や人達が良い影響を受けるようです。宇宙の中心の内奥の魅力は自分だけではなく、他者にも良い結果をもたらすことだと思っています。

|

« 子宮筋腫が小さくなり無事妊娠できた | トップページ | 脊髄小脳変性症の改善例 »