« SATOメソッドは意識が自然に内側に入る | トップページ | 宇宙の中心の内奥の魅力 »

2019/01/28

子宮筋腫が小さくなり無事妊娠できた

今回紹介するのは職場での極度のストレスにより大きな子宮筋腫を発症したのち、手術をせずにSATOメソッドを受療され、妊娠可能まで小さくなり待望の赤ちゃんを妊娠された女性の体験記です。今まで紹介してきたがん(末期浸潤がんとSATOメソッド 2018-6-25)と骨折(遠隔気功による右肘の骨折改善例 2018-9-10)の体験記と同様、1ヵ月間発行します。次回は2月25日(月)の予定です。

私がSATOメソッド(佐藤気功)を知ったのは、母からの紹介がきっかけでした。と言いましても、遠方に住む母は、佐藤先生の気功を受けたことがあるわけではなく、「気功全書」という全国の気功師が多く紹介されている本で佐藤先生のことを知り「これだ!」と思い私に教えてくれたことでした。これが八方塞がりだった当時の私を救い出してくれる大きな大きな出会いとなりました。

当時の私は、職場の人間関係に悩み、理不尽ないじめに耐えかねて休職中の、先の見えない真っ暗闇の中にいる状態でした。なんでも物事をネガティブに考え、自分ばかりを責め続け、抗うつ薬にもお世話になりました。

また、社会人になってから発見された子宮筋腫も検査をするたびに大きくなり続け、佐藤先生の気功を受ける時点で9センチにも膨れ上がっておりました。主治医からは、幸い筋腫ができている位置が妊娠・出産には直接影響はない場所であるものの、妊娠中に切迫流産・早産などのなんらかの影響が出るかもしれないと言われました。

子供が欲しい私は、夫と話し合い、手術をするかどうするか話し合っている矢先、母からSATOメソッドを紹介されたのでした。

藁でもすがる思いで、佐藤気功センターに伺った際、何とも言えない穏やかな温かい空気が部屋中に流れていたのが印象的だったのを記憶しています。そして、1回目の施術中はすぐに身体がぽかぽかしてきて、終わったあともずっと手足までぽかぽかが続いていました。

また、心の中が不安感のない、不思議と前向きな気持ちでいっぱいに満たされていることに気づきました。その後、何度か気功を受けて重心が「足裏」に下がるうちに、それまでウジウジと悩むことが多かった私が「まあなんとかなるさ!」と物事を前向きにとらえられることが多くなり、特に理由はないけど毎日幸せな気持ちでいることが多くなってきました。

そのためか、先生の気功を受け始めてから2ヵ月で、抗うつ薬とお世話になることはなくなりました。また数か月後に、10回目の気功のとき重心が「宇宙の中心」まで下がったので、子宮筋腫の検査を受けたところ、なんと9センチもあった筋腫が5センチ程度にまで小さくなっていることが分かり、ずっとそばで支えてくれていた夫、SATOメソッドを紹介してくれた母とで、驚きとともに非常に嬉しい気持ちに包まれています。

その後、職場のいじめの加害者も異動で去り、無事に今では職場復帰を果たすことができました。仕事中や通勤中でも気づいたときに「浄化・再生」と唱えるだけで心が落ち着いて仕事ができることの喜びを感じながら、集中して仕事に取り組むことができています。

さらにうれしいことに、待望の赤ちゃんを妊娠をすることもできました。特にひどいつわりもなく母子ともに健康に毎日を過ごすことができており、先日無事に安定期に入りました。先生の音楽CDは心地よい胎教がわりにもなっている気がします。

先生と出会ってからというもの、私自身大きく変わりましたし、私を取り巻く状況もいい形で変わりました。これからもこの出会いに感謝して、SATOメソッドを実践していきたいと思います。

|

« SATOメソッドは意識が自然に内側に入る | トップページ | 宇宙の中心の内奥の魅力 »