« 地球と人類のアセッション | トップページ | 慢性痛とトリガーポイント »

2018/12/17

SATOメソッドは家族療法で広がるべき

SATOメソッドはとてもシンプルです。

サムシング・グレートから私達の住む時空のある物質宇宙に送り込まれてくる収縮気と拡大気が「浄化・再生」と心の中で唱えるだけで体の中に入ってきます。

他とちょっと違うのは体の外側から入ってくるのではなく、体の内側から湧き出るように入ってくることです。

収縮気は比較的五感に近く、体感しやすいですが、拡大気は最初は感じにくいかもしれません。しかし、収縮気と拡大気は同時に入り、最初は収縮気優位に体は反応しますので五感しか感じない人でもある程度はわかります。(下半身が温かく感じます)

そして、いつも五感しか認識できない脳でも何回も自己トレーニングしていくうちに少しづつ五感以外の感覚も認識できるようになります。いわゆる拡大気もわかってくるのです。(上半身が涼しく感じます)実は脳は五感しか認識できないのではなく第六感もわかるのです。

「浄化・再生」と唱えるだけで収縮気と拡大気を体で感じることは常識では理解できないでしょう。脳は五感しか認識できないと思っているからです。

なぜ、「浄化・再生」と唱えると脳は気を認識できるかのメカニズムはまだわかっていませんが、感じられることは事実です。そして、体の内側から湧くことにより健康や生き方が変わることも事実です。

さらには湧き出た気が地上に広がり周囲にいるヒトやモノや環境も変わることも事実です。例えば家族の一人ひとりが「浄化・再生」と唱えれば脳が認識してお互いの気が湧き上がり、お互いに影響し合います。

また、気を使いながらお互いに助け合ったり、支え合ったり、喜びあったり楽しくないですか。それも大げさなことではなく、食事中に会話をしながら家族の団らんのように気楽に使うのです。

SATOメソッドの基本は「家族療法」的な方法で広がっていくべきではないだろうかと最近思うようになりました。

|

« 地球と人類のアセッション | トップページ | 慢性痛とトリガーポイント »