« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月

2018/12/24

慢性痛とトリガーポイント

昨今のスマホの急速な発展によりスマホ症候群という新しい病気が報告される一方、首の症状として従来からの病名、変形性頚椎症、頸椎ヘルニア、頸部脊柱管狭窄などがあげられます。

例えば、頸椎ヘルニアの場合は整形外科的な治療法として悪化すると外科手術が行われますが、手術の目的は変形した椎間板が神経を圧迫しているので首・手・足の痛みや痺れが起きるとして、そこを除去することだといいます。

しかし、神経が圧迫されても痛みや痺れがないことや圧迫されてないのに症状が出ている場合もあります。いわゆる神経を圧迫しているから痛みや痺れが生じているとは言えないこともあると訴える整形外科医がいらっしゃいます。

私は、最近「その腰・肩・ひざの痛みはまちがっている」を書いた整形外科医、加茂 淳医学博士の著書に出会いました。本を拝読して衝撃を感じたと同時にSATOメソッドで様々な痛みや痺れの症状が改善されることが加茂先生の著書で納得しました。

キーワードは慢性痛の原因は「脳と筋肉」です。

整形外科の領域で痛みや痺れを訴える原因について私は次のように思いました。一つ目はケガや打撲を受けたとき。二つ目は姿勢が悪かったり運動不足のとき。三つ目は脳から発する心理的ストレスのときなどです。

詳しいメカニズムは、加茂先生は次のようにいいます。

一つ目は、ケガや打撲などの刺激があるとその刺激を受けて、脳は交感神経を緊張させます。交感神経が緊張すると血管は収縮します。血管が縮むことで血液の流れは悪くなり、筋肉細胞に充分な酸素が運ばれなくなって筋肉細胞は酸欠状態になります。

この酸欠という危機的な状態に反応して出てくるのが血液中の血漿から放出される「ブラジキニン」という発痛物質です。血管からブラジキニンが放出されると近くにある知覚神経の先端の「ポリモーダル侵害受容器」という痛みセンサーで受け取られ、痛み信号が脳に伝わって「痛み」として感知されるといいます。

二つ目は、姿勢が悪かったり、運動不足のときも筋肉細胞に供給される血液の流れが悪くなり、筋肉細胞が酸欠状態になり、その痛み信号が脳に伝わることは同じメカニズムです。

三つ目は、脳から発する心理的ストレスが原因で痛みや痺れが現れることです。ここでは私の考えも少し加えます。

脳には偏桃体という細胞がありますが、心理的ストレスで偏桃体が興奮すると、一つ目は脊髄から出ている交感神経系のノルアドレナリンが過度に放出され、副腎髄質にあるアドレナリンも連動して放出され血液の流れに悪影響を与えます。

一方、偏桃体が興奮すると視床下部→脳下垂体を経て、内分泌系のホルモンが放出され、副腎皮質にあるコルチゾールが過度に放出されます。ノルアドレナリン、アドレナリンと同様、血液の流れに悪影響を与え、筋肉細胞に充分酸素が運ばれなくなって、筋肉細胞は酸欠状態になります。

次に、このようなメカニズムで、例えば首のまわりが過度に緊張し、痛みが出たり、さらには手・足がしびれたすると筋肉がコリコリした筋硬結(一般的に圧痛点ともいわれる)が所々に出てきます。筋硬結が広がっている部位を「トリガーポイント」といいます。トリガーポイントができやすいポイントは決まっていて約100か所以上あるそうです。

それでは加茂先生がおこなっている具体的な治療法を紹介します。

(交感神経のブロック)

トリガーポイントに局所麻酔剤を注射(トリガーポイントブロック)して痛みをなくするので交感神経の緊張を解くことができます。その結果、血管の収縮がゆるんで血行が良くなり、発痛物質もつくられにくくなります。

(筋緊張の改善)

トリガーブロックを行うとコリコリとした固まった筋肉の中の「筋硬結」がゆるみます。筋硬結がゆるむことで筋肉自体の緊張がとれるため血流が良くなって酸素の供給が復活し、酸素欠乏という危機的状態がなくなります。

(痛覚伝達のブロック)

麻酔剤を注射することで局所の痛みを一時的に感じなくなり、その結果痛みの電気信号が脳に流れる状況を止めることができます。

尚、脳から発する心理的ストレスについては興奮を抑制するために抗うつ薬や抗不安薬などの薬物治療法を行うといい、心理療法として行動療法を活用しているといいます。

最後に、次回のブログは来年の1月14日(月)からと致します。12月31日(月)と1月7日(月)はお休みとさせていただきます。尚、年末・年始の営業は、年末は12月31日まで行っています。年始は1月5日から行います。

|

2018/12/17

SATOメソッドは家族療法で広がるべき

SATOメソッドはとてもシンプルです。

サムシング・グレートから私達の住む時空のある物質宇宙に送り込まれてくる収縮気と拡大気が「浄化・再生」と心の中で唱えるだけで体の中に入ってきます。

他とちょっと違うのは体の外側から入ってくるのではなく、体の内側から湧き出るように入ってくることです。

収縮気は比較的五感に近く、体感しやすいですが、拡大気は最初は感じにくいかもしれません。しかし、収縮気と拡大気は同時に入り、最初は収縮気優位に体は反応しますので五感しか感じない人でもある程度はわかります。(下半身が温かく感じます)

そして、いつも五感しか認識できない脳でも何回も自己トレーニングしていくうちに少しづつ五感以外の感覚も認識できるようになります。いわゆる拡大気もわかってくるのです。(上半身が涼しく感じます)実は脳は五感しか認識できないのではなく第六感もわかるのです。

「浄化・再生」と唱えるだけで収縮気と拡大気を体で感じることは常識では理解できないでしょう。脳は五感しか認識できないと思っているからです。

なぜ、「浄化・再生」と唱えると脳は気を認識できるかのメカニズムはまだわかっていませんが、感じられることは事実です。そして、体の内側から湧くことにより健康や生き方が変わることも事実です。

さらには湧き出た気が地上に広がり周囲にいるヒトやモノや環境も変わることも事実です。例えば家族の一人ひとりが「浄化・再生」と唱えれば脳が認識してお互いの気が湧き上がり、お互いに影響し合います。

また、気を使いながらお互いに助け合ったり、支え合ったり、喜びあったり楽しくないですか。それも大げさなことではなく、食事中に会話をしながら家族の団らんのように気楽に使うのです。

SATOメソッドの基本は「家族療法」的な方法で広がっていくべきではないだろうかと最近思うようになりました。

|

2018/12/10

地球と人類のアセッション

あるスピリチュアル系の本を読んだのですが、「フォトンベルト」という宇宙の巨大な光の固まりがあり、これは銀河の中心からあふれ出している光で人類の覚醒を促すエネルギーだといわれていて現在地球を覆っているいいます。

かつて地球に1万2000年~1万3000年前にアトランティス大陸やレムリア大陸があり、伝説では最後に文明が崩壊し、大陸が沈んでしまったといわれていますが、そのときも地球はフォトンベルトに覆われていたといいます。

当時、レムリアやアトランティスの時代ではまだ覚醒を選択する人たちが少なく、眠ったまま崩壊してしまいましたが、今度こそは覚醒しようとする意識が大きく働くのではないかと言われています。

それが2018年、2019年、2020年の3年間にわたり、目覚めようとする人たちと眠ったまま目覚めることができない人たちとの2極化がはっきりしてくるといい、覚醒した人たちが主流になる時期は2032年以降と書かれています。

私はこの本を読んで、2025年には団塊の世代の75歳前後の人たちの半分が介護を必要とされるというデータと2030年には労働者の30%はAIに変わるというデータを思い出しました。

特に、AIの成長は目覚ましく、もしかしたらもっと早く訪れるかも知れません。AIを管理できる人達とAIができないことをできる人達が生き残って、それ以外の人達は現在でもどう生きていけばいいのか不安や心配になるといいます。

あくまでも私個人の考えですが、生き残れる人達は左脳と右脳を上手にバランスよく使える人で、左脳だけしか使えない人達は生きづらくなるのではないかと思っています。それでなくても2025年以降は団塊の世代の人数は急速に減り、子供を産む人が少なく、少子化が急速に進み、人口減少がかなり深刻化するのではないだろうか。当然経済にも大きく影響します。

私は2030年以降は左脳と右脳をバランスよく使える人達とAIとの共生が始まるのではないかと思っています。そう考えるとスピリチュアル系の本に書れたこともまんざらうそではない気もします。一時期に世間を騒がせた1999年のノストランダム大予言とは違うことが起きるような気がします。

SATOメソッドの役割は2020年~2030年までの10年間の間に左脳と右脳をバランスよく使えて、スピリチュアルな感覚を使える人達を増やすことだと思っています。そして、これらの多く人達が体の内側から湧き出るSATOメソッドを利用することにより個人の健康や成長だけではなく、社会を大きく変えうる存在になることを期待したいと思っています。

|

2018/12/03

SATOメソッドの輪の広がり

SATOメソッドは体の内側から外界の気(霊的宇宙→意識体→肉体の浅い部位)と内界の気(サムシング・グレート→本体→意識体→肉体の深い部位)が湧いてきて、ご自身の健康や生き方に良い影響を与えることを幾度も述べてきました。

そして、最近は湧いてきた外・内界の気が肉体から地上に出て、時空のある物質宇宙の自然の気に良い影響を与えていることもわかってきました。

例えば、ある患者さんの気の重心が「宇宙の中心の内奥」まで下がり、意識が肉体から意識体に切り替わり、時空のない非物質宇宙、霊的宇宙、さらにはサムシング・グレートの雰囲気を感じながら私生活を送っていますが、一度も体験をしたこともない家族の皆さんの気の重心も「足裏」に下がっていることがわかりました。

患者さんのご自宅がパワースポットになっている可能性があり、患者さんがそこにいるだけで家族の皆さんが元気になったり、こころが穏やかになっているといいます。

なぜ、このようなことが起きるのかを考えてみると、患者さんが自己トレーニングをすると体の内側から湧き出した気が室内まで広がり、自然の気とSATOメソッドの気(外・内界の気)が融合した気が呼吸と連動して家族の皆さんの体内に入っていったのではないかと思いました。

当然、家族の皆さんも自己トレーニングをすれば、室内のパワースポットの影響も加わり、SATOメソッドの気が体の内側から湧きやすくなるのは当たり前になります。

このようにある家族ができるようになると、その家族の1人からある人と繋がったり、さらには家族から家族へと体の内側から湧き出る気が、最後にはヒトだけではなくモノや環境までも影響を受け、社会全体が変わっていくのではないだろうか。

単に外から気を受けて個人が元気になるだけではなく、意識するだけで自然に湧く気をたくさんの人達が利用することができたらその輪がどんどん広がり社会全体、世界全体が浄化されてくるような気がします。

|

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »