« 新しい体外離脱体験 | トップページ | SATOメソッドの輪の広がり »

2018/11/26

SATOメソッドの歴史Part2

6月18日発行の「SATOメソッドの歴史」の第二弾です。

SATOメソッドが誕生して27年経ちます。90年代の10年間は「本体」の存在はありましたが内界の気(サムシング・グレート→本体→意識体→肉体)はパワーが弱く、外界の気(霊的宇宙→意識体→肉体)が中心で、気の重心が「丹田」でした。よって、肉体の表面が外界の気で大きく包まれ、とても心地よい感覚で、あたかも体外離脱しているような感覚になり、離脱感覚が終えると通常の肉体感覚に戻り体調が良くなっているという状況でした。

21世紀に入ってようやく本体が積極的に動き出し、内界の気のパワーが高まってきて、気の重心が丹田より下に下がるようになってきました。そのときに初めて肉体に意識を向けさせたり集中させる「収縮気」と肉体から意識を解放させたり遠ざける「拡大気」が存在することもわかってきました。

実はこのときにサムシング・グレートから私達の肉体に入ってくる気は二種類あることが後になってきてわかってきました。一般的に理解されている気は天上にあるサムシング・グレートから私たちの住む時空のある物質宇宙まで雨が降るように地上に注ぎ込まれる気だと思っています。SATOメソッドではこの気を「自然界の気」と呼びました。一方、天上の霊的宇宙の高次な意識体と繋がり、カウンセリングやヒーリングを行う人達がいますが、この気を「外界の気」と呼びました。

SATOメソッドは、これらの自然界の気と外界の気とは違い、私達の肉体の内側から湧き出す気であることに気づきました。

湧き出す気は二種類あり、霊的宇宙の高次な意識体と私達の意識体と繋がり、シルバーコードを通じて肉体の浅い部位に入ってくる気を「外界の気」と呼び、サムシング・グレートと意識体の内側にある本体と繋がり、→意識体→肉体の深い部位に入ってくる気を「内界の気」と呼びました。そして、これら二種類の気が地上に湧き出すことにより、さらにはたくさんの人達が湧き出す気を利用することにより地上の浄化・再生に貢献できるのではないかと期待しています。

次に、21世紀に入ってSATOメソッドの収縮気と拡大気を組み合わせをすることによりアナログモード(温かいモード・涼しいモード)とデジタルモード(仕事モード・瞑想モード・体外離脱モード)が誕生しました。そして、大変興味深いことが後になってわかってきました。

アナログモードは肉体の内側から湧いてくる感じなのですが、下丹田(腹)と中丹田(胸)から湧いてきます。一方、デジタルモードは同様に肉体の内側から湧いてくるのですが、上丹田(脳)から湧いてきます。上丹田は下丹田と中丹田に比べ、シャープなエネルギーとして湧いてきます。因みに上丹田のシャープなエネルギーを感じるには3丹田共に気の重心が足裏以下に下がっていることが条件になります。

その後、5年前に「浄化・再生モード」が誕生してアナログモードとデジタルモードが合体して、3丹田がパワーアップしたのですが、上丹田はよりシャープさが増してきました。集中力、直感力がかなりアップしたのです。そして、いくら深い瞑想状態になっても意識がぶれることなく冷静に行動できるのも上丹田パワーの進化だと思います。

さらに上丹田の気の重心が足裏以下になると上丹田パワーが下丹田にも強く作用し、体内の細胞にも影響力を発揮します。複数の患者さんに協力して頂き、体感して頂いたところ、壊れた細胞、古くなった細胞、がん細胞に対しても修復率が高くなっているといいます。最近、がんが消えたり、骨がくっついたり、子宮筋腫が小さくなったり、心不全の症状がなくなったりなど体の病気に大きな変化があるのはそのためかも知れません。

|

« 新しい体外離脱体験 | トップページ | SATOメソッドの輪の広がり »