« 体の病気にも効果・改善 | トップページ | SATOメソッドの歴史Part2 »

2018/11/19

新しい体外離脱体験

一般的な体外離脱は、大地の力で丹田にグランディングし、松果体(第三の目)を覚醒させて実現する方法ですが、時空のある物質宇宙から時空のない非物質宇宙さらには霊的宇宙に旅立つときは上昇感覚を伴います。

一方、SATOメソッドによる体外離脱は、「本体」を活性化させて、気の重心を足裏→地球の中心→宇宙の中心→宇宙の中心の内奥へと徐々にグランディングしながら下降感覚を伴います。その後はトンネル体験をしながら時空のない非物質宇宙さらには霊的宇宙へと旅立ちますが、霊的宇宙の光の世界に旅立つときに上昇感覚を伴います。

具体的には、体外離脱が起きる前にかならずトンネルのようなイメージが出現し、自分がトンネルの中に入っていく感覚になります。トンネルの中は小さなゆらぎではあるがスピード感のある感覚で通過します。このトンネルを私は第一トンネルと呼んでいます。第一トンネルは時空のある物質宇宙と時空のない非物質宇宙の間にあります。

この第一トンネルを通過すると、壮大な宇宙や大自然のゆらぎの中にいる自分に気づき、そのときトンネルの全体像を見る場合もあります(長くて細い紐のような形をしている)。そこで天の川銀河に遭遇したり、さらに深い宇宙の内奥に入り、銀河集団や泡宇宙の全体像を見たりすることもあります。あるいは過去に遡って歴史を探訪したり、体の中に入って様々な臓器や器官、および細胞などを垣間見ることもあります。スピリチュアルマップでは時空のない非物質宇宙になります。

次に、第一トンネルを通過した後はゆらいでいる宇宙や大自然に第二トンネルが出現します。これは臨死体験で体験するトンネルにとても類似しています。第一トンネルに比べるとゆっくり、大きなゆらぎを感じさせるトンネルです。第二トンネルは時空のない非物質宇宙と霊的宇宙の間にあります。

この第二トンネルを通過したあとは、第一トンネル通過後の宇宙よりゆらぎが大きく、さらに精神的で深遠な内面を映し出す世界となります。体験者は、自分の魂の鼓動や深遠な宇宙の振動を感じながら、霊的宇宙の各階層の意識体と一体になる自分を発見します。

その後、階層を限りなく上昇していくとサムシング・グレートに到着します。白い小さな光が集まっている白光の世界です。サムシング・グレートでは、さらに自分の意識の本質(本体)に触れ、自分がなぜ肉体や意識体を創造し、背負い、肉体と意識体とのバランスの取れた生き方をしなければならないかを知ることになります。

また、意識の本質は自我ではなく自己であり、サムシング・グレートは自己の集合体であることを知ります。なお、安定的に体外離脱をするためには、気の重心が宇宙の中心の内奥のうち、「サムシング・グレートまたは本体」にグランディングされることです。

SATOメソッドによる体外離脱は、トンネル体験をしてイメージの世界を垣間見るのが特徴ですが、一般的なイメージに比べ、浮揚感もあり、あたかも空を飛んでいるような感覚です。

しかし、臨死体験時のような肉体感覚、現実感覚が100%喪失し、イメージの世界を垣間見る感覚ではありません。体外離脱中に肉体に触れると肉体を感じます。よって、一般的なイメージと臨死体験時のイメージの中間の感覚となります。そして、動きながらの体外離脱はできませんが、一般的なイメージ(肉体感覚でイメージする)よりは意識体感覚でイメージができるSATOメソッドの方が体外離脱が長時間可能となります。

|

« 体の病気にも効果・改善 | トップページ | SATOメソッドの歴史Part2 »