« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月

2018/10/29

SATOメソッドと再生医療

以前のブログでも紹介しました「メッセージ物質」、NHKスペシャル人体でプロローグから第7集まで放送されました。

第1集は腎臓をテーマとして紹介されました。第2集では脂肪と筋肉、第3集は骨、第4集は腸、第5集は脳、第6集は生命誕生、そして、第7集は健康長寿、いづれの放送でもメッセージ物質が出てきます。

特に私が驚いたのは第3集の骨をテーマにした内容です。骨は人体を支える柱のようもの、骨はいったん壊してはつくっていく作業を繰り返しているだけではなく、骨からメッセージ物質が脳細胞に届けられると記憶力が向上したり、免疫細胞に届くと免疫力が高まったり、筋肉細胞に届くと筋力がアップするなど今まで常識では考えられないことがわかってきたといいます。

次に、臓器同士、細胞同士からメッセージ物質を出しながら(あたかも会話をしているような)、人体ネットワークが構築され、健康へと導かれるといますが、最近、「エクソソームカプセル」が注目されています。

エクソソームカプセルはすべての細胞にあり、そのカプセルの中に様々なメッセージ物質が内包されていて、体にとって良好に働くこともあれば悪影響を与えることもあるといいます。例えば、悪影響を与える側ですが、乳がん細胞が脳に転移して脳腫瘍が発症されることがわかっています。

なぜ、転移するのかのメカニズムは次のように言われています。脳には血液脳関門という関所があり、インシュリン以外は厳重なバリアで脳内には入れないのですが、乳がん細胞から発するエクソソームカプセルからメッセージ物質が放出されるとインシュリンと勘違いして脳関門を難なく通過してしまいます。そうすると乳がん細胞がすんなり脳の中に入り、脳を壊してしまいます。

エクソソームカプセルはつぎのようなことも行います。例えば、血管細胞にメッセージ物質を働きかける(酸素や栄養が欲しい)と血管細胞は正常細胞と勘違いしてがん細胞に向かって血管細胞を伸ばして酸素や栄養を供給します。

さらにはがん細胞は最大の敵である免疫細胞に対して同様にメッセージ物質を放出して仲間であることを伝達します。そうすると免疫細胞は攻撃を止めて途中から離れていくそうです。

エクソソームカプセルはすべての細胞にあり、体にとってプラスに働くこともあればマイナスに働くこともあることから世界中の再生医療の研究者は日夜研究に没頭しているといいます。

最近、次のような報告もあるようです。エクソソームカプセルがプラスに働くことから人工的にエクソソームカプセルをつくることができれば様々な病気にも応用できるという研究者もいるようです。

再生医療の研究者でiPS細胞を発見したノーベル医学・生理医学賞を授賞した山中教授は、私達がおこなっている再生医療は皮膚細胞をいったんiPS化(初期化)して新しく再生された細胞(現在はミニ心臓細胞、ミニ肝臓細胞をつくることができるといわれる)を手術で体に移植する方法を確立されているが、エクソソームカプセルを人工的につくれたら手術せずにすべての細胞、臓器をつくることができるようになるのではないかといいます。

SATOメソッドはずっと前から私達に意識があるということは37兆個の細胞1個1個にも意識があると言ってきました。意識があるということは細胞と細胞が会話をすることもできると思っています。

そこで、SATOメソッドは直接細胞同士が会話をすることができるのは意識の要である「本体」が背後でコントロールしているからだと言ってきました。

もし、将来においてエクソソームカプセルを本体からコントロールできるとしたらすべての細胞たちがプラスに働き、人体ネットワークが構築できるのではないかと可能性に期待しています。

気の重心が下がれば下がるほどエクソソームカプセルが私たちにとってプラスに働いて病気の予防、病気の改善にも貢献ができるのではないかと思っています。SATOメソッドと再生医療がいつか接点ができ、共同研究ができたらと希望を頂いています。

|

2018/10/22

スピリチュアル系には2種類の感じ方がある

私達が住んでいる地球には大地のパワーと自然のパワーがあると思います。パワーは気として捉えることもできます。

植物がスクスク育つのは土壌の質の良さが大地のパワーに関係しています。また、自然空間にある空気、空から降ってくる雨、太陽から注ぎ込まれる光なども含めて大地のパワー、自然のパワー、宇宙のパワーとして捉えることができるのではないだろうか。

日本にはたくさんの温泉がありますが、温泉に入ると疲れが取れるのも大地のパワーが効果を発揮しているのではないだろうか。世界の所々にある聖地はパワースポットとして知られていますが、これも大地から湧き上がるパワーとして捉えることができるのではないだろうか。

次に、スピリチュアルなパワーについて述べます。SATOメソッドは肉体の内側に意識体がいて、時空のある物質宇宙の内側に時空のない非物質宇宙(そこに私達の意識体がいる)があるという考え方があります。一方、一般的な瞑想やスピリチュアルヒーリング、チャネリング、リーディングなどは肉体の外側に意識体がいて、時空のある物質宇宙の外側(上方向)に時空のない非物質宇宙(そこに意識体がいる)があるという考え方があります。肉体と意識体の間はシルバーコードで繋がっています。

よって、SATOメソッド以外のスピリチュアル系はスピリチュアルなパワーや情報は上方向から降りてくるといいます。ですから大地のパワーでしっかりグランディングしてスピリチュアルな世界からパワーを感じたり情報をキャッチすることができる人はプロであると思っています。

比べて、SATOメソッドは肉体でも時空のある物質宇宙でも、それよりも内側から湧き上がるパワーを感じたり情報をキャッチしたりします。

サムシング・グレート(大いなる宇宙)をシンボルとして捉えることができれば、SATOメソッドと一般的なスピリチュアル系とは肉体に入ってくる経路(ルート)が全く違うのではないだろうか。肉体の内側から入ってくる経路と肉体の外側(上方向)から入ってくる経路があるのではないだろうか。

例えば、肉体の内側から入ってくるのは「本体」が活発で、気の重心が丹田より下、足裏→宇宙の中心→宇宙の中心の内奥へと下がっていき、スピリチュアルな世界を体感するようになりますが、肉体の外側から入ってくるのは「本体」はそれほど活発ではなく、気の重心を丹田に落とし、松果体(第三の目)を覚醒させてスピリチュアルな世界を体感することになります。そこに大きな違いがあるような気がします。

|

2018/10/15

がん抑制遺伝子の働き

今回はSATOメソッドを受療されて、気の重心が宇宙の中心の内奥のうち、「本体」まで下がった健康的な患者さんの協力を得て、やはり「本体」まで下がった患者さんの膀胱がん「ステージⅢb」が徐々に自然退縮していく様子や感覚を書いてみました。

実験内容は、がん細胞の中にがん抑制遺伝子が備わっていますが、その中のがん細胞の活動を抑制するRB遺伝子とがん細胞をアポトーシスするP53遺伝子にSATOメソッドが働きかけるとRB遺伝子とP53遺伝子はどのような振る舞いをするのか行ってみました。

最初に、健康的な患者Aさんは感性が豊かで映像が浮かびやすい人です。Aさんは次のように映像が浮かんできたといいます。

3丹田から白い光が湧いてきて、全身に広がり、膀胱がん細胞も光で包まれます。SATOメソッドを受けたRB遺伝子の振る舞いをみると青白い光ががん細胞にやさしく寄り添い、青白い粒がゆっくり回りながらどんどん増えていきました。やがて膀胱がん細胞全体に広がってなめらかな薄いブルーになって包まれていました。まさに神秘的な映像です。

次に、SATOメソッドを受けたP53遺伝子はシルバーの駒に似た形でがん細胞一つ一つに吸い込まれるように入っていきました。まるでがん細胞がP53遺伝子を呼んでいるようでした。そして、感動したのはがん細胞がひとまわり小さくなったのです。がん細胞が消えようとしている様子をみました。

次に、末期の膀胱がん患者、BさんはSATOメソッドを受けて次のように言います。

以前にもお話させて頂きましたが、SATOメソッドのおかげで、早い段階から鞘に収めた様子の膀胱がん細胞は、特に暴れる様子はなく、がん抑制遺伝子に包まれて、がん細胞もひとつ、またひとつと静かにアポトーシスで尿と共に流れ出ている気がします。

がん細胞も今まで細胞が受け続けてきた厳しい辛い体内環境も劇的に改善したので、「わかりゃいいんだ」と言わんばかりに、その役目を終えて静かに穏やかに去っていくような感じがします。

尿意切迫感も和らぎ、排尿感覚も長くなってきていますので、確実な改善効果を実感します。

私の感覚では、がん抑制遺伝子はがん細胞を攻撃するのではなく、SATOメソッドの光にまとわれ、がん抑制遺伝子ががん細胞を優しく包み込むような穏やかな形で、手を携えて一緒に体外に排出されているような感じがします。

|

2018/10/08

SATOメソッドと他の気功、ヒーリング、瞑想との違い

SATOメソッドでは「本体」をすべての要とし、内界の気を使って意識を感じたり、意識の切り替えをしたり、気の重心(グランディング)を宇宙の中心の内奥まで下げたり、いくら深い瞑想状態になっても意識がぶれることなく、現実離れすることなく安定的に安心感があり静寂な精神状態に保つことができると理解しています。

「家」に例えると内界の気は家の基礎・土台を指します。一方、家の外装・内装は外界の気を指します。その外界の気も内界の気によってコントロールされています。だから内界の気を動かす本体はすべての要になっているのです。

次に、私達の知る一般的な気功やスピリチュアルヒーリング、瞑想などはSATOメソッドのメカニズムとは全く違います。一般的な気功は大地の気と自然の気を使います。大地の気は足裏の「ゆうせん」から入ってきます。自然の気は頭頂部の「百会」から入ってきます。大地の気はグランディングを強化し、丹田に落とします。自然の気は全身の気の巡りを高めます。よって、大地の気と自然の気とのバランスがとても重要です。

一方、スピリチュアルヒーリングや瞑想は大地の気とスピリチュアルな気を使います。大地の気は前者と同様、足裏の「ゆうせん」から入ってきます。スピリチュアルな気はスピリチュアルな世界から頭頂部の「百会」から入ってきます。大地の気は一般的な気功よりさらにグランディングを重要とします。それはスピリチュアルな気は自然の気に比べ全く次元が違うからです。すなわち、自然の気は身体性と精神性を高める気に対してスピリチュアルな気は身体性、精神性にくわえて霊性を高める気なのです。

しかし、現実は一般的な気功よりグランディングに関して重要としない人もいます。スピリチュアルヒーリングや瞑想も大地の気とスピリチュアルな気とのバランスがとても重要と思っています。そうしないと、一般的な気功はグランディングが崩れると偏差が起き、スピリチュアルヒーリングや瞑想のグランディングが崩れると禅病になるといわれています。

一般的な気功もスピリチュアルヒーリングや瞑想もしっかり「丹田」にグランディングするのは最低の条件になります。もしくは、SATOメソッドで丹田より下、足裏→宇宙の中心→宇宙の中心の内奥に下げた後に一般的な気功、スピリチュアルヒーリングや瞑想を体験されたほうが安定感や安心感があります。

|

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »