« グランディングは基本中の基本 | トップページ | SATOメソッド将来への展望 »

2018/08/27

著書「地球人革命」の紹介

8月6日(月)発行のブログでは著書「霊障医学」を紹介し、イメージやテレパシー能力は松果体「第三の目」が覚醒することにより想起されると個人的考えとして述べました。そして、このようなスピリチュアルな方法で治療している医師がいることに注目し、紹介しました。

今回紹介する著書「地球人革命」も医師の立場で様々な病気や悩みに対応している人の紹介です。著者は整形外科医の松久正先生です。一般常識では理解しにくく難解な本ではありますが、「地球人革命」では松久先生が最終的にスピリチュアルな分野に足を踏み、治療に導入するまでの経緯などが詳しく書かれています。

松久先生も「霊障医学」の奥山先生と同様、松果体の働きがとても強いです。奥山先生は松果体を使って霊障治療を中心に心の闇にアプローチしている姿がイメージできます。現代医学では治療が難しい病気に対しての新しいアプローチだと思います。

一方、松久先生の本を拝読して同じように松果体を使うのですが、過去世は地球外生命体ではないだろうかと思うほどパワフルで、地球に存在しない宇宙の叡智から来るエネルギーを使って難しい病気に対応しています。

もう少し詳しく書いてみます。

松久先生は慶應義塾大学医学部を卒業されたことです。日本の医学部では超有名大学に属します。しかし、医学部を卒業しても何かが足りないと米国に渡り、カイロプラクティック大学に入学しますが、途中からカイロプラクティック系の大学でも有名なパーマー・カイロプラクティック大学に転校します。

そして、優秀な成績で卒業されますが、卒業後に有名なガンステッド・セミナーで実践を学び、さらにはガンステッドを使って効果を上げている著名なドクター・ホセ・ララに弟子入りして4年以上実践を積みます。

それでも治せない病気の壁にぶつかり、葛藤の毎日を送りますが、米国の聖地「セドナ」に訪れてから、病気の壁が解消されるきっかけを体験します。それはセドナ―に滞在している朝、眉間にピストルをつけられ、打たれたような衝撃を体験します。それはクンダリニーが起き、すべてのチャクラが覚醒し、宇宙の叡智から大いなるエネルギーが頭頂部から入ってきます。

私の個人的考えですが、7つのチャクラが開くために様々なテクニックが紹介されていますが、簡単に言えば呼吸法、イメージ、身体法などを使い地球の大地から大地エネルギーを呼び込むことで(下から入ってくる)、1番から7番まで徐々に開き、すべてのチャクラが開いたときに宇宙の叡智からスピリチュアルなエネルギーが頭頂部から入って全身に広がっていく(上から下に降りてくる)、まさに天と地が繋がった瞬間ではないだろうか。

松久先生のドルフィンパワーは「大地の力」と「宇宙の叡智」を使いますが、司令塔になっているのは「松果体」です。松果体がすべてを担います。一方、SATOメソッドは肉体の内側に意識体あり、意識体の内側に「本体」があり、その本体が要となりすべてを担います。

例えば、肉体の内側から外界の気(霊的宇宙から意識体を経由して肉体に入る)と内界の気(サムシング・グレートから本体→意識体を経由して肉体に入る)が湧き上がり、グランディングを「足裏」→「宇宙の中心」→「宇宙の中心の内奥」へと下げることができるのは本体が活動しながらコントロールしているからです。

奥山先生、松久先生が活用している「松果体パワー」は人類が誕生してから歴史に名を残している人達が意識的に無意識的に使っていたのではないだろうか。だから凄いことが発明されたり、発見されたり、またはリーダ的存在として活躍することができたのではないだろうか。

比べて、SATOメソッドの「本体パワー」は過去の歴史では存在しても気づくことができなかった新しいメソッドではないかと思っています。特別な能力として引き出されるのではなく、だれでも、どこでも、いつでもできるメソッドとして地球上に現れました。年号が変わる来年以降、「浄化・再生モード」がさらに進化したパワーとして再スタートすることになります。

|

« グランディングは基本中の基本 | トップページ | SATOメソッド将来への展望 »