« 本体と細胞の類似性 | トップページ | 著書「霊障医学」の紹介 »

2018/07/30

重心を下げて潜在意識を感じる

一般の人は顕在意識を感じることが多く、いわば五感に限られてきます。

当センターに来院される人の中にはそういう人もいらっしゃいますが、ヒトやモノ、環境からくる五感以外の気エネルギーを感じる人の方が多いです。いわゆる潜在意識を直接感じる人達です。

感じるレベルは個人差はありますが、かなり敏感で負の気エネルギーを受けてしまう人も少なくありません。

スピリチュアルな世界では「第三の目」が覚醒している人は霊が見えたり、霊からの声を感じたりすることが多いといいますが、グランディングがとても重要になります。

プロはしっかり「丹田」に重心が定まっていますが、そうでない人は重心が上がっていて、精神が混乱したり。原因不明の難病になる可能性があります。

第三の目が比較的安定している時はビジネスがおもしろいように順調に進み、ハードな仕事でも睡眠時間が短くても疲労感がありません。しかし、第三の目のパワーを使いすぎて生体内の細胞たちにかなりストレスを与えていることに気づかないことがあります。

気づいたときはビジネスに陰りが見え、人は離れていき、体や精神に異様な不快感が生じてきます。このような経験のある人には先天的に覚醒している人達に多く、グランディングがしっかりしていないからです。

それでは、第三の目が覚醒している人達を分類してみましょう。先ず先天的に覚醒している人達がいます。先祖から受け継いだ遺伝的要因で覚醒している人達。意識体に記憶されていた過去世体験情報を肉体で受け継いで覚醒された人達です。

次に後天的に覚醒された人達がいます。厳しい修行の末、覚醒された人達。臨死体験されたあとに覚醒された人達です。

SATOメソッドは第三の目を覚醒させて潜在意識を感じさせるのではなく、重心を徐々に下げていくことで潜在意識の扉が自然に開くことを行っています。とても安全で安心感があります。

例えば、SATOメソッドには第一ステップから第三ステップまでありますが、第一ステップは、体を感じるステップで重心を「足裏」まで下げます。第二ステップは、心や潜在意識を感じるステップで重心を「宇宙の中心」まで下げます。

第三ステップは、いよいよ魂を感じるステップで「意識体Ⅰ」→「意識体Ⅱ」→「本体」まで下げます。第三ステップまで下がると、常に光のカプセルに包まれる感覚で現実社会で人生を営んでいる感じです。

仮に末期がんを宣告されても、意識は意識体や本体になり切っているので死に対する恐怖はなく、肉体(がん)に対する執着もないので痛みや苦しみを感じない状態で生きている感覚です。そのような精神状態でいられるので、がん細胞の増殖が止まり、次第に自然退縮、すなわちアポトーシスが起きることを期待しています。

もう一つ、意識体や本体になり切ると周囲の空気や場が変化するとの報告もあります。

|

« 本体と細胞の類似性 | トップページ | 著書「霊障医学」の紹介 »