« 気の重心と施術効果 | トップページ | SATOメソッドとがんPart2 »

2018/05/28

潜在意識の解放

病気になる原因は先天的要因として両親から受け継いだ遺伝的要因、過去世体験が原因とする遺伝的要因に分類されます。なぜ遺伝的要因といっているかは過去世体験情報が意識体と肉体と初めてシルバーコードで繋がった時に、DNAに直接情報を伝達するからです。

いづれの遺伝的要因でもDNAに傷が付いたり突然変異が生じたときに間違ったタンパク質がつくられ、細胞の働きに不具合が生じ、病気として発症していきます。

一方、後天的要因として環境が原因、すなわち生き方に応じて病気が発症する場合もあります。具体的には、ヒト、モノ、環境から受けるストレスと自身でつくってしまうストレスによるものです。

SATOメソッドには下丹田、中丹田、上丹田があり、下丹田の重心が上がって病気になる原因は働きすぎ、食べ過ぎ、間違った食材の摂取、電磁波などです。中丹田の重心が上がって病気になる原因は恐怖体験、ショック体験、我慢のしすぎなどです。上丹田の重心が上がって病気になる原因は目の使い過ぎ(パソコン、スマホ、テレビ、読書の見すぎなど)と考えすぎ(拘り、執着、囚われ、心配、不安、イライラ、緊張など)です。

いづれもヒト、モノ、環境から受けたストレスと自身でつくってしまったストレスと複合して病気になります。

一般的に様々なストレスはいったん潜在意識に貯蔵され、そのあとに顕在意識に昇ってきた時に五感を通じて病気を体感することが多いです。しかし、感受性の高い人、敏感な人は潜在意識そのものを体感するので一般人と比べるとつらいです。

潜在意識が浄化されていれば潜在能力となって、心身の健康のみならず才能の開花に繋がりますが、そうでなければ体や心の病気へと進み、集中力や直感力、想像力が出にくくなります。

病気が解消されることは潜在意識が浄化・再生されることです。細胞レベルで考えれば細胞同士がメッセージ物質を出し合ってネットワークがつくられることです。様々な細胞のネットワークが外れると間違った行動をとるといってもいいかもしれません。

具体的にどうすればいいのでしょうか。

一般的に西洋医学では手術や薬物を使い、病気を治癒します。東洋医学では鍼やマッサージ、気功などで気の流れを良くして病気を改善します。いづれも顕在意識に昇ってきた病気に対して対応します。

最新の西洋医学では薬物を使って、臓器同士、細胞同士がメッセージ物質を出し合ってネットワークづくりがしやすいように働きかけ、病気を治癒する臨床研究をされているといいます。

SATOメソッドは本体から内界の気、意識体から外界の気をシルバーコードを通じて負の潜在意識に直接働きかけたり、すでに顕在意識にあるストレスを浄化・再生をしながら改善していきます。細胞レベルでも意識の要である本体から収縮気と拡大気が送られてくることにより細胞同士のネットワークが構築され、病気が改善されるものと思っています。

|

« 気の重心と施術効果 | トップページ | SATOメソッドとがんPart2 »