« 各細胞には意識があり、情報のやりとりをしている | トップページ | サムシング・グレートのはじまり »

2018/04/30

SATOメソッドとがん

ある資料をみて次のように感じました。

がん細胞の増殖が止まるのはがん抑制遺伝子のうち「RB遺伝子」が活性化したこと。

次に、がん細胞が小さくなったのはがん抑制遺伝子のうち「P53遺伝子」が活性化したこと。いわゆるアポトーシスが起きたことです。

次に、さらにがん細胞が消えてしまったことはアポトーシスのあとに自然免疫系の一つ「マクロファージ」が貪食したあとにオートファジーが働いた結果だといわれています。

SATOメソッドは上記の生体メカニズムに働きかけているのではないだろうか。

37兆個の細胞に意識があり、意識の要は「本体」にあることを何度も述べてきました。

がん遺伝子、がん抑制遺伝子が傷ついたり、DNAのコピーミスなどで突然変異が起きることによりがんになるといわれていますが、本体から収縮気・拡大気(白い光)が送られてくることにより傷が修復されたり突然変異が解消されていないであろうか。

一方、遺伝子が傷ついたり突然変異が起きなくてがんになることを「エピジェネティクス変異」といわれています。遺伝的要因ですでに遺伝子に傷がついていたり酸化ストレスなどで傷つく場合に比べ環境的要因でDNAのメチル化やヒストン修飾が起き、遺伝子のON・OFF機能に異常が生じてがんになるといわれています。

エピジェネティクス変異の場合は何らかの環境的要因で遺伝子機能が正常化されれば、がん細胞が正常細胞に変化されることがわかっています。SATOメソッドはエピジェネティクス変異にも働きかけているのではないだろうか

私の個人的考えではありますが、SATOメソッドによる癌からの解放は第一にはエピジェネティクス変異が正常化されているのではないだろうか。さらには遺伝子の傷の修復や突然変異の解除にも働きかけているのではないだろうか。

本体から送られてくる収縮気・拡大気によってがん細胞の意識の開放が起き、細胞間の相互作用が促進されて回復に向かっていくのではないだろうか。このように思っています。

|

« 各細胞には意識があり、情報のやりとりをしている | トップページ | サムシング・グレートのはじまり »