« SATOメソッドと細胞の再生part2 | トップページ

2018/04/16

理想的な社会をめざして

サムシング・グレートは一つ一つの本体が繋がりながら大きな集合体になっています。お互いにネットワークを構築しながら楽しく助け合い、協力し合っています。

私達が意識を感じられるのは、意識の要になっている本体と繋がっているからです。よって、体内の60兆個の細胞も意識を持っています。

そう考えると、私達の社会も体内の細胞社会もすべてサムシング・グレートから生まれたことになります。

しかし、私達が住む社会ではサムシング・グレートのようにはなっていません。理想からかなりかけ離れています。そのために私達の人体も同じようにネットワークを構築できなくなっています。それが病気として現れています。

私達に生と死があるように細胞にも生と死があります。60兆個の細胞がサムシング・グレートの本体と同じように各々が助け合い、協力し合っていれば病気になりません。

各々の細胞が定期的に分裂し、分裂が終われば穏やかに死滅してゆきます。(アポトーシス)理想的な新陳代謝です。理想的な新陳代謝は体内がいつもゴミのない状態です。そして、徐々に細胞分裂が少なくなり寿命が訪れます。理想的な老衰です。

一方、体内には細胞内のゴミを処理するシステムもあります。細胞の外をきれいにするだけではなく、オートファジーによって細胞の中もきれいにするシステムです。まさに理想的な新陳代謝(細胞分裂とアポトーシスの連係プレー)と理想的なオートファジーです。

もし、多くの国民の体内でこのようなことが起きれば、私達の住む社会も体内のようなことが起きるのではないだろうか。そうなれれば、サムシング・グレートと同じになります。世界各国でお互いに助け合い、協力し合える社会ができるのでは。

|

« SATOメソッドと細胞の再生part2 | トップページ