« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月

2018/03/26

SATOメソッドと細胞の再生

体が健康であり続けるためには細胞が一定の期間ごとに新しくなる必要があります。新しいものと入れ替わっていくこの種の細胞は再生系細胞の中の体細胞と呼ばれ、体の次の部分に存在するといわれています。

免疫系,消化器官,骨,筋肉,血液,皮膚,毛包,肺,肝臓,膵臓,心血管系の内層,心臓の平滑筋,海馬など、脳の一部などです。

いづれも細胞分裂して新しい細胞がつくられ、細胞の補充を行います。細胞分裂には体細胞分裂の他に幹細胞の分裂もあります。特に細胞が損傷したり壊れたりすると眠っている幹細胞にシグナルがきて、各々の幹細胞が分裂します。幹細胞も細胞の補充のために働いています。

具体的には、幹細胞は同じ幹細胞を一つつくって、もう一つは分化した違った細胞がつくられます。分化した細胞は体細胞になりますが、最大50回くらい分裂して死滅します。

しかし、年齢とともに、老化とともに徐々に分裂回数が減少してくると、細胞内でオートファジーが働き、劣化したタンパク質や細胞小器官をリサイクルしますが、次第にリサイクルができなくなるとアポトーシスが起き、細胞は死滅します。結果、全体の細胞の数も少なくなり、幹細胞は永遠の眠りに入り、人間としての寿命が訪れます。

一方、これらは再生系細胞として新陳代謝が促進されますが、一旦つくられたあと分裂しない細胞があり、非再生系細胞と言われています。非再生系細胞は非常に特殊化しており、形づくる器官も高度に組織化されています。

もし、心臓や脳で絶えず細胞が死んだり、分裂したりすると高度な機能を維持することが難しくなるために一生にわたって細胞が保存されるのではないかと考えられています。

特に脳神経細胞はほとんどが非再生系細胞なので、老化や万一神経が損傷した場合は、新しい細胞に再生することはできません。そんなときに注目されるのは、前文でも書きましたように細胞内の変性したタンパク質や損傷した細胞小器官などをオートファジーシステムでリサイクルして修復させようという試みもあります。参考資料:著書「細胞から若返るテロメア・エフェクト」著書「ヒトの遺伝子と細胞」

SATOメソッドが細胞に働きかけているとき、変形している細胞がまるくなっていく様子を映像でみることがあります。その映像は新陳代謝なのか、オートファジーなのか、それともどちらでもなくゆらぎによって修復されているのか確認してみると第三番目の働きもありました。ゆらぎが直接変形した細胞を包み込んで修復しながらまるくなっていく感じでした。

寿命がきた細胞や老化した細胞に対してはアポトーシスやオートファジーなど体内のメカニズムを誘導することもありますが、損傷した細胞、がん化した細胞に対しては奇跡的に正常化することもあるようです。

しかし、患者さんの生き方、考え方に応じて正常化したりしなかったりします。医学的には理解できないことが起きます。私はこのような現象を見せられて60兆の細胞一つ一つに意識があると思いました。そして、意識の要が「本体」であることもあらためて気づかせられました。

|

2018/03/19

意識体の感覚で生きてみよう

SATOメソッドには収縮気と拡大気があります。簡単に言えば収縮気は肉体に意識を感じさせる気、拡大気は意識体に意識を感じさせる気です。いわば各々に意識を感じさせるようにスイッチのようなことをしているのは「本体」です。

そして、本体は直接サムシング・グレートと繋がって内界の気(収縮気・拡大気)を受け取るだけではなく霊的宇宙の高次な意識体から意識体に送られてくる外界の気(収縮気・拡大気)をもコントロールしているのです。

また、本体と意識体で受け取った内界の気と外界の気をシルバーコードを通じて肉体に送り届けるのも本体です。本体はすべてを担っているのです。SATOメソッドでは、その本体を活性化することを目標にしています。

さて、SATOメソッドには気の重心があり、宇宙の中心の内奥まで下がると意識体Ⅰ→意識体Ⅱ→本体まで下がります。よって、意識が意識体に切り替わると時間や空間、物質、肉体などから解放されながら私生活を営んだり、仕事をすることができます。

現在、基本コースで「足裏」まで下がり、その後毎月1回の間隔で通院している人の多くは気の重心が宇宙の中心の内奥にあります。中には24時間本体に下がって人生を営んでいる人もいらっしゃいます。

気の重心が宇宙の中心まで下がってくると肉体感覚は薄くなりますが、肉体感覚はあります。宇宙の中心の内奥まで下がり、初めて肉体感覚が感じにくくなります。肉体から解放されるのです。この時に疲れを感じたり、感情が乱れたり、病気を感じたりするのは肉体を感じているからだと気づきます。

次に宇宙の中心の内奥まで下がっている人に聞きました。

「意識体の感覚で仕事ができますか」というと全員が「できます」といいます。次に「浄化・再生」を唱えて気感を感じながらでも「仕事ができますか」というとそれでも全員が「できます」といいます。

さらに「浄化・再生」のあとに「体外離脱」を唱えるようにいうと「自分がどんどん広がって肉体を感じない」というので、「この状態でも仕事ができますか」というと仕事の内容によってできる場合とできない場合があるようです。当然のことですが、仕事をしている時は目を開けています。

肉体を感じないという感覚は想像できないかもしれませんが、とても不思議な感覚です。直接体に触れた部位はわかりますが、触れていない部位はわかりづらいようです。良く皆さんは「体がないみたい」といいます。そして、疲れを感じないともいいます。

次に映像について興味深いことがわかりました。

映像を感じやすい患者さんですが、肉体感覚で感じていることが多いです。すなわち、潜在意識で感じているのです。SATOメソッドはトンネル体験をしてから映像を感じるので意識体の感覚で感じます。

あえて、スイッチを切り替えて肉体感覚に戻すこともできますが、意識体の感覚で感じている方が長時間映像を見ることが可能とわかりました。

もう一つ興味深いことがありました。臨死体験もSATOメソッドと同じように内界の気と外界の気が内側から湧いていたのです。

SATOメソッドによる体外離脱中のときは自分の体内の細胞や他者の細胞が修復しながら再生しようとする様子を見ることができますが、臨死体験者の体内の細胞がどのように修復、再生されていくのか見ることができました。とても活発です。

これは体外離脱された患者さんの意識体と臨死体験者の意識体を繋ぐことにより可能になりました。臨死体験中の意識体側の様子は臨死体験報告(トンネル体験,花園体験,光の体験,先祖と会う,生還後の意識の変容及び生き方が大きく変化など)に書いてありますが、肉体側は臨床現場の様子だけです。

臨死体験者が生死をさまよい、どうして生還できたかを考えると意識体の意識の変容がシルバーコードを通じて肉体の細胞の修復、再生に大きく影響を与えていたと思います。当然、臨床現場での医師たちやスタッフによる治療効果は大きいと思いますが、それ以外に内・外界の気の影響もあったと私は思っています。

また、臨死体験者が生還後に意識体や死後の世界の存在を語り始めることはよく知られていることですが、特に信じていない人やむしろ疑っている人が肯定し始めたこともサムシング・グレートとの繋がりが大きく影響しているのではないかと思いました。

|

2018/03/12

タイプA,タイプB,タイプC

人間の性格にはタイプA,タイプB,タイプCがあるといいます。タイプAは心理学でよく使われている行動様式です。

精神神経免疫学ではタイプAは狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患になりやすい性格で、生活の中心は仕事、負けず嫌いで、せっかちで、支配欲や成功への欲求が過度に強く、他人に攻撃的な行動をとるといいます。

一方、タイプAとは対極にあるタイプBは競争的ではなく、敵対することが少なく、こころからくつろいで、ゆったりした生活を送りやすいといいます。

次にタイプCについて述べることにします。タイプCはがんの患者に比較的共通している性格として以下の特徴があげられるといいます。

対人関係に傷つきやすく孤独に逃げ込みやすい傾向。悲しみや不安などの不快感を無理やりに抑え込もうとし、不平や不満を言わず、周囲に自分と合わせようとする傾向。あるいは慢性的に抑うつ的で、幸福感が低く、社会的に孤立しがちな傾向にあるといいます。

このタイプはタイプBと一見類似の行動パターンのように写るかも知れないが、自分の気持ちを抑えるまで、人のことを思いやる傾向が強く、不快な体験をしながらも、これを外に表すまいとして必死に振る舞いがちな傾向が特徴とあげられるといいます。参考資料:著書「こころと体の対話」精神免疫学の世界 文藝春秋 神庭重信

SATOメソッドではタイプAは下丹田タイプの短所、タイプCは中丹田タイプの短所を表し、タイプBは下丹田タイプの長所と中丹田タイプの長所が融合したタイプと言えます。

SATOメソッドは気の重心が「足裏以下」に下がった時の特徴を何度も述べてきました。まさにタイプBは「本体」にすべてを委ねて、気の重心がサムシング・グレートまで下がった時の心境ともいえます。

SATOメソッドの心理学的実験によるデータで示すと「生きがい感」が高揚し、また全人的QOLとの関連性が高い「死生観」に関しても、これがQOLを高める方向にシフトしたのです。

一方、タイプA行動様式を使って、SATOメソッドが人間のタイプA傾向にどのような影響を及ぼすかを調べたところ、受け手のタイプA傾向が明らかに軽減されました。つまり時間に対する精神的余裕が生まれ、怒りなどの感情も抑制される方向へと気持ちが変化したのです。

次にSATOメソッドの医学的実験によるデータで示すとアドレナリン、ノルアドレナリン、コルチゾールの分泌量が減少し、ナチュラルキラー(NK)細胞が活性化しました。一方、臨床用脳波測定(EEG)とポジトロンCT検査(PET)ではα波優位で偏桃体の血流が上昇、δ波優位で海馬の血流が上昇したことが確認されました。

SATOメソッドはこのような客観的なデータからも言えることはタイプA(下丹田タイプの短所)とタイプC(中丹田タイプの短所)を抑制し、理想的なタイプBと思われる生きがい感を高揚させ、免疫力の向上にシフトさせているようにみえます。

|

2018/03/05

テロメアの短縮にブレーキをかける方法Part2

昨年の10月23日発行の「テロメアの短縮にブレーキをかける方法」のPart2です。今回は私自身がテロメアの短縮にどのように挑戦しているかの報告です。

テロメアエフェクトの著者エリザベス・ブラックバーン博士(ノーベル生理学・医学賞受賞者)はテロメアの短縮にブレーキをかける方法として食事・運動・睡眠・瞑想を薦めています。

本の内容を拝読して睡眠と瞑想については、SATOメソッドを実行していれば達成できると思いました。

次に食事については、約7ヵ月前にフレンチシェフ神尾哲男さんが書いた著書「がんで余命ゼロと言われた私の死なない食事」幻冬舎に出会いました。神尾さんは2003年に末期ステージⅣの前立腺がんが判明。骨とリンパ節にも転移しており、医者からは「なぜ、生きていられるのか、死んでいてもおかしくない」と驚かれたといいます。

以来、14年間生き続けました。2007年~2013年まで「レストラン&ライブ/ボコ」で営業。体に優しい料理で評判になりました。その後は、「料理工房神尾」を構え、後進の指導にあたっていたといいます。

私共はこの本を読んで、すぐに実行したのは神尾さんが、特に薦めていた調味料です。塩、味噌、油、砂糖、みりん、酢、すべて紹介されていた調味料を購入し、実行しました。その中でも油はオメガ3の代表格亜麻仁油、他に有機のオリーブ油も積極的に取り入れました。

次に野菜、果物、米などは、最初は有機を購入していました。しかし、以前ブログでも紹介した水素水に興味を持っていたので、一般のスーパで売っている野菜、果物、米などを購入したあと、電解水素水整水器(トリム)を購入し、食材に混入、付着している悪玉活性酸素や有害物質を除去する方法を選択しました。

ズバリ的中しました。20分ほど食材を水素水につけたら黄色い汚れた水になりました。その後、汚れた水を捨てた後は再び水素水で洗いました。また、有機の食材も試してみると、それでも少し汚れた水になりました。

電解水素水整水器での水素水は直接飲んで体内の悪玉活性酸素を除去するだけではなく、食材を洗浄することもできることを知りました。毎日食べるサラダは水素水で洗ったあと亜麻仁油をたらすととても新鮮な感じがします。

次に運動についてですが、今までウォーキング、水泳、ストレッチなどを実行してきました。実は5ヵ月前に教室タイプのストレッチではなく、専属トレーナに個人的にストレッチして頂けるDrストレッチと出会いました。

専属トレーナに直接ストレッチをしていただけるのは有名なアスリートだけと思っていました。そんなイメージだったので体験してとても驚きました。マッサージとは違います。自分ができなかったストレッチが可能になり、筋肉が充実してきました。

現在、1週間に1回通っていますが、今後はDrストレッチを続けながら筋肉トレーニングも加える予定です。1年後の食事効果、運動効果がとても楽しみです。

|

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »