« 体外離脱体験シリーズpart5 | トップページ | 体外離脱体験シリーズPart7 »

2017/12/25

体外離脱体験シリーズPart6

今回紹介するのは「親と子のおひさまギフト」、セラピストカウンセラー藤井さやかさんです。9年前に初めて来院され、基本コースである5回を受療されたあと、気の重心が「宇宙の中心」まで下がりました。当時は温かいモードと涼しいモードを使って対面式外気功や自己トレーニングをしていました。

以後、5年前に「浄化・再生モード」が誕生してから久しぶりに今年の9月に来院されました。9月以降は月に1回の間隔で来院され、今日まで気の重心が宇宙の中心の内奥のうち本体(サムシング・グレート)まで下がるようになり、体外離脱も実現しました。それでは藤井さやかさんからの体験報告です。

今回、気の重心が気功前は全体として上丹田は意識体Ⅱ(霊的宇宙)、中丹田は意識体Ⅰ(時空のない非物質宇宙)、下丹田は意識体Ⅱ(霊的宇宙)にありましたが、局部的には右肩の痛みがあり、その部位の気の重心は脛にあったのですぐにトンネル体験はできませんでした。

すると佐藤先生が私の肩にピンポイントで気を送ってくれました。そうすると右肩の痛みが消えると同時に気の重心があっという間に意識体Ⅱ(霊的宇宙)に下がったのです。

SATOメソッドからのコメント: トンネル体験をするためには気の重心が宇宙の中心の内奥に下がり、意識が意識体に切り替わることが条件になりますが、体の局部に重心の上昇があると体験ができないこともあります。宇宙の中心の内奥には意識体Ⅰ、意識体Ⅱ、本体があります。

そのあとは、いつものようにトンネルを抜けて、時空のない非物質宇宙に到達しました。まるで宇宙に漂っているような感じです。そして、地球を見つけ、日本列島を見て、東京駅まで一瞬に移動しました。意識を定めるとピンポイントで光のように動く感じです。そして、新宿から京王線上を南平まで移動し、佐藤気功センターに到着しました。

実際に気功を受けている自分(肉体)を体外離脱しながら上から見ているのですが、佐藤先生や友人は白い薄いオーラのようなもので覆われてぼんやりと見え、私は意識体と肉体の間が光のひも(シルバーコード)のようなもので繋がっているのが見えました。

今回も自分の過去世を見る体験をしましたが、どうやら江戸時代の甲府に住んでいるようでした。先生の誘導のもと、その時の人生を終え、第二トンネルを抜けて霊的宇宙に到達しました。そこは白い光の世界でとても心地よく、観音菩薩様がいらっしゃいました。とてもいい香りがし、白く光った世界で居心地がとても良かったです。

佐藤先生から、更にサムシング・グレートの世界に行ってごらんと言われ、その白い世界の上の上にいく感じになり、まさに光そのものの世界です。

佐藤先生から、自分の本体を意識してごらんと言われ、意識すると、今度はさらに中の方に深く入っていく感じで、まさに自分の中心から光が四方八方に発光している感じでした。そして、その光は無限大に広がっていく感じです。とても静寂で、安心してかつ満たされている感じなのです。

また、今回は特別に先生からあと10分あるけど何をしたいと問われ、サムシング・グレートの世界で漂っていたいと答えたのです。サムシング・グレートの世界で自分の光を感じていると、ふと病気療養中の友人のことが浮かんだのです。その瞬間友人の本体が光となって私の側に近づいてきたのです。とても穏やかでにこやかな笑顔をしていて、ピカピカに光り輝いているのです。私はとてもうれしくなり、その友人と二人、サムシング・グレートの世界でいっしょに漂っていたのです。とても満たされて、ありがたくて涙がこぼれそうな時間でした。

気功後、佐藤先生とその場にいた別の友人にサムシング・グレートの世界で病気の友人の本体と出会い、うれしかった体験をシェアしたのです。

実はなんと、その本体となって一緒に過ごした友人は、2時間ほど前に既に亡くなっていたのです。その事実を気功体験直後に電話で知り、とても驚きました。と同時に私の本体はそれを知っていたようで、友人が楽になって光の世界にいることを知っているので、泣きながらもとても落ち着いていて、その事実を静かに受け入れたのです。

とても不思議な体験でした。まさに友人が光になって、最後に私に会いに来てくれたのです。

今回、またもやSATOメソッドの奥深さを更に体感し、ますます精進していこうと思っています。佐藤先生ありがとうございました。

次回のブログは来年の1月8日(月)になります。良いお年をお迎えください。仕事始めは1月4日(木)から行います。

|

« 体外離脱体験シリーズpart5 | トップページ | 体外離脱体験シリーズPart7 »