« テロメアの短縮にブレーキをかける方法 | トップページ | 気の重心と身体感覚part2 »

2017/10/30

輪廻転生の新しい考え方

現在、気の重心が「宇宙の中心の内奥」(時空のない非物質宇宙→霊的宇宙→サムシング・グレート)の内、サムシング・グレートまで下がっている患者さんが数名いらっしゃいます。

先日、その中の1人が来院されて、肉体/意識体/本体との関係性について体感して頂きました。(本体を直接体感するためには気の重心がサムシング・グレートまで下がる必要があります)大変興味深いことがわかりました。

患者さんが「本体」に意識を感じている時に肉体をコネクトしたら次のように話しました。(時空のある物質宇宙は時間や空間、そして物質のある宇宙なので各々の項目毎に話してくださいといいました)

時間的には、落ち着かない。時間に追われている感じ。

空間的には、窮屈。閉じ込められている感じ。

物質的には、体が重い。重力を感じる。

このような体感からサムシング・グレートからみると、現在の時空のある物質宇宙は落ち着かない、窮屈、重苦しい世界のように感じるようです。

現在、時空のある物質宇宙と時空のない非物質宇宙との間には見えない「壁」があり、さらには時空のない非物質宇宙と霊的宇宙の間にも「壁」があるように感じますが、この3つの宇宙が誕生したばかりの初期ではどうだったのでしょうか。

私は比較的薄い壁で風通しが良く、時空のある物質宇宙に居ながらも他の宇宙の雰囲気を感じられたのではないだろうか。現在はかなり壁が厚くなって特異な能力者以外は感じられなくなっています。

なぜでしょう。私は人類の文明や科学の発展と肉体意識が強くなったために厚くなってしまったと思っています。すなわち、肉体/意識体/本体間の関係性が徐々に悪くなってきたためと思っています。

SATOメソッドの役割は肉体/意識体/本体の関係性を良くするためにあると思っています。

元来、サムシング・グレートから直接誕生した「本体」がサムシング・グレートから飛び出して、自ら意識体を背負い(創造する)、さらには輪廻転生をするために霊的宇宙から時空のない非物質宇宙に意識体を変化させながら移動します。そして、時空のある物質宇宙に居る肉体と意識体からシルバーコードを出して繋ぎます。(肉体を背負う)その時、意識は意識体から肉体に切り替わりますが、それが現在の私達です。

輪廻転生の考え方は、意識体が肉体に宿り、様々な学びを経験し、肉体の寿命(人生の終焉)が終えたときに意識体に意識が切り替わり死後世界に戻ります。その後、再びあの世(霊的宇宙)とこの世(時空のない非物質宇宙)との間を意識体が繰り返し学びなおすことを指すと理解していましたが、現在の考え方は意識体ではなく本体が肉体と意識体を背負い、輪廻転生を繰り返すことではないかと思っています。

|

« テロメアの短縮にブレーキをかける方法 | トップページ | 気の重心と身体感覚part2 »