« 新しいスピリチュアルヒーリング | トップページ | SATOメソッドとアンドロイド »

2017/09/26

新しいスピリチュアルヒーリングpart2

内界の気について引き続き述べます。

以前までは体の浅い部位に反応するのは外界の気、たとえば、浅い部位が真綿のようなベールに包まれている感覚、皮膚がビリビリするような感覚などをいい、体の深い部位に反応するのは内界の気、例えば、波紋のような広がり、頭寒足熱感覚などをいっていました。

しかし、最近は外界の気も内界の気も体の浅い部位と深い部位に反応することがわかりました。たしかに外界の気と内界の気を別々にコネクトすると内界の気の方が強く、深く反応するので浅い部位は外界の気、深い部位は内界の気と思ったのかも知れません。

よくよく確認するとこれらの身体感覚は外界の気を内界の気が背後でコントロールしているように思いました。たしかに90年代のスピリチュアルヒーリングは肉体と意識体を繋いだり、意識体と意識体を繋いだり、霊的宇宙の意識体と繋いだり、一般的な気功ではできない特異な特徴がありました。

しかし、現在のスピリチュアルヒーリングは特異な特徴から深い瞑想状態や体外離脱感覚になっても「意識」はぶれることなく肉体的には「安定」、精神的には「安心」、脳は「静寂」になるのです。瞑想しながらビジネスができるのはそのためです。すべて内界の気によるコントロールが加わったからと思いました。

もう一つの特徴は、気の重心が丹田より足裏、宇宙の中心、宇宙の中心の内奥まで下げることができます。重心が下がることにより体力増進、精神安定、脳力開発がいっきに開花しました。これも内界の気が外界の気を背後でコントロールしているからと思いました。

では内界の気を操作しているのはだれかというと肉体/意識体/本体のうち「本体」だったのです。サムシング・グレートと直接繋がることのできる存在であり、内界の気を使って外界の気をコントロールし、霊的宇宙の高次の意識体と皆さんの意識体と繋ぎやすくしたり、他の意識体と繋いで情報を取り入れやすくしたり、意識体にある情報をシルバーコードを通じて肉体に伝えやすくしたり、すべて本体が内界の気とスイッチを使ってコントロールしていたのです。

気を感じやすくするのも、重心を感じやすくするのも、瞑想になりやすくするのも、好転反応を起こすのも、気づきや学びやすくするのも、すべて本体が内界の気とスイッチを使ってコントロールしていたのです。

最近、鍼、マッサージ、整体、気功、ヒーリングを使って施術している人達はSATOメソッドを使って大きな効果を上げています。これも90年代のスピリチュアルヒーリング(外界の気を使う)に内界の気が加わり、進化した新しいスピリチュアルヒーリングを上手にこなし切っているからだと思います。

|

« 新しいスピリチュアルヒーリング | トップページ | SATOメソッドとアンドロイド »