« 霊的ストレスの影響 | トップページ | 潜在意識と遺伝子との関係性 »

2017/08/14

SATOメソッド体験記Part2

今回は芝山鍼灸整骨院の芝山豊和さんからSATOメソッド体験記に引き続き臨床例が送られてきました。体験されたあと、すぐに患者さんに活用されてとてもうれしく思います。1回~2回の施術で効果を発揮されたので引き続き状況を観察されるように伝えました。持続性があり安定することが大切ですからね。

(症例1)

16歳男性 早朝37度3分の風邪による発熱、喉と鼻の痛みと咳、全身倦怠感、頭痛。

(15分間の対面式外気功)

気功直後は一時的に37度9分になったが、気功後全身倦怠感、頭痛がなくなりすっきりする。その後、サッカーの試合があったのでフル出場されたとの事。その日の夕方37度2分に落ち着き、体全体が楽になる。翌日起床時に36度2分の平熱に戻り、鼻と喉の症状がなくなる。免疫力アップによる風邪の改善が早くなったと考える。

(症例2)

47歳女性 突発性難聴、耳鳴り、耳閉感、めまい。耳鼻科で突発性難聴と診断され、ステロイドを処方されるが1錠服用後吐き気が強く当院に来院。

(15分間の対面式外気功)

気功中に吐き気がスッとなくなる。気功後、難聴、耳閉感、めまいが楽になる。翌日、本人はすべての症状が治ったという。翌々日の聴力検査では変化はなかった。しかし、ステロイドは気分が悪くなり服用できないため、1回の服用のみで止めているという。ご本人希望により、当院に通院して経過をみることにした。

(症例3)

24歳男性 ストレス性難聴(鍼灸師で現在、柔整の学生をしながら当院で働いている。仕事と定期テストで過労と寝不足が約2週間続いていた) 耳鳴り、難聴(高音が聞こえにくい)、耳閉感、動悸、頭痛、胸部圧迫感。

(30分間の対面式外気功と遠隔気功)

耳鳴り、難聴が楽になる。耳閉感、動悸、胸部圧迫感がなくなる。翌日、仕事中に頭痛、難聴、胸部圧迫感が出てくる。本人に告知せずに遠隔気功を開始する。2分後にスーッと頭痛が抜けてなくなり 、胸部圧迫感がなくなり、難聴がかすかに鳴る。翌日再発するが2分間の遠隔気功で症状がなくなることに驚いた。その後、諸症状の消失が継続している。

(症例4)

51歳女性 生理が半年間ないが時期になると生理様の腹痛と腰痛がでる。

(5分間の対面式外気功)

腹痛、腰痛が消失し、腹部と下肢がポカポカ温かい。その後、数回の施術後に生理が来たと喜ばれた。

(症例5)

40歳女性 自覚症状はないが、気に対して敏感な女性

(30分間の遠隔気功)

凄いパワーを感じる。浮揚感がすごく天井まで浮いた。その後、感覚がなくなる。糸で操られているように手が動く。一瞬真っ白くなり明るくなった。終了後は掌と足裏がポカポカと温かい。

|

« 霊的ストレスの影響 | トップページ | 潜在意識と遺伝子との関係性 »