« SATOメソッドとエピジェネティクスとの関係性 | トップページ | 霊的ストレスの影響 »

2017/07/31

SATOメソッド体験記

久しぶりの体験報告です。今回紹介するのは芝山鍼灸整骨院院長の芝山豊和さんからのレポートです。芝山さんはSATOメソッドを5回受療され、5回目で下丹田、中丹田、上丹田、3丹田ともに気の重心が宇宙の中心の内奥のうちサムシング・グレートまで下がりました。

芝山さんに期待したいことは治療家として効果を上げるだけではなく、スポーツ医学を通じて選手の潜在能力の向上にも貢献してほしいと願っています。

私は芝山鍼灸整骨院を開業して22年になります。現在はチクチク療法(無血刺絡療法)を根幹に日々臨床と普及活動に携わっています。

「SATOメソッド」を受療したきっかけは、約10年前より施術をしている際や日常において気を感じたり、スピリチュアルな体験をするようになりました。その時に驚き、自分にいったい何が起こったのだろうと思い、気功やスピリチュアルに関する書籍を読み漁り、それ以降自分の感性のままに臨床に生かしてまいりました。

そんな時、「SATOメソッド」を知り、HPを検索したところ、理論がしっかりしていることと、「だれでも・どこでも・いつでもできる」をいうキャッチフレーズに特殊な能力もない私でもできるのではないか、これだ!と直感的に感じ、早速5回の施術の予約を入れました。

その後、佐藤先生のお話や書籍と論文を拝読すると対面式外気功、遠隔気功について、脳、生体反応、自律神経反応、精神的反応、意識状態を大学と企業と共同研究され、単一矩形パルス法(AMI)(経絡の皮膚インピーダンス測定から動的電気伝導度を測定する方法)、サーモグラフィー、近赤外線酸素代謝モニター、加速度脈波、脳波測定など科学的検査法を用いて実証されていました。

エビデンスがしっかりしている気功法なので、ますます信頼と確信をもちました。また、この気功は術者からの気を受けるのではなく、受け手の中にある気を引き出すというところも特徴だと思います。なので、副作用やリバウンド、嫌のものを受けるという感覚はまったくなかったです。ほんと、爽やかな心地よい感覚でした。

1回目:気の重心が足裏に下がるのがわかりました。早速25kmランニングをしましたが、まったく疲れが残っていなかった。

2回目:終了後、自己トレーニングで足裏に重心を感じた後、ボールの上に乗っている感じになりました。翌朝10kmランニングをしているとき足裏に意識と重心があり、走り始めは逆に足が重い感じはしたが、だんだんと慣れると重心が下がっていて快適に走れる。

3回目:足裏から円柱状の棒がずっと下まで伸びていく感じがして、白く明るい光が瞼裏に見えて何かに包まれ浮いている感じがした。翌朝16kmランニングで足裏に意識だけ感じ、重心はあるが重さはなく、上半身の重力も感じなく壮快に走れた。また、疲れてくると自己トレーニングを走りながらすることにより、すぐに足裏以下に下がり疲れなくなる。宇宙の中心の内奥を体感。

5回目:更に白く明るい光が強く見えてきて全身が包まれ、浮いている感じが3回目より明確になり、段々と重力を感じなくなって透明感。まさに肉体的にも精神的にも無の状態のような感じがした。すごく静寂で、安定、安心、超リラックス状態になりました。室内は涼しく、体も涼しいのに体中から汗が吹き出し、新陳代謝が良くなった感がする。気功後は、心身共に爽快感と静寂、安定感。3つの丹田がすべてサムシング・グレートまで下がる。

「SATOメソッド゛」は医療の現場では肉体的、精神的癒し。社会では自己啓発、肉体的、精神的ストレスの緩和。心身に不調がある方はもちろん、自己啓発、気功に興味のある方など受療されることをお勧めいたします。何はともあれ、施術室の場の気が心地よい事と佐藤先生と奥様のお人柄に癒されます。

最後になりますが、本当に受療して良かったと思います。期待以上の体感でした。今後は、チクチク療法とコラボして、より効果的に施術をしていきたいと思います。また、日常生活においてもマラソンなどスポーツに、自己啓発に活用したいと思っています。佐藤先生、「SATOメソッド」に関し、たくさんご教授頂き有難うございました。これからも定期的に受療させて頂きますので、今後ともよろしくお願いします。

|

« SATOメソッドとエピジェネティクスとの関係性 | トップページ | 霊的ストレスの影響 »