« SATOメソッドの応用 | トップページ | SATOメソッドと春ウコンとの融合 »

2017/04/03

活性酸素を除去するサプリメントpart2

3月20日(月)に発行した活性酸素を除去するサプリメントに引き続き複数の患者さんに協力して頂き、SATOメソッドを使ってサプリメント効果の実験を行いました。

今回はその中で実際に拡大気優位に導くサプリメント(水素系)を購入された人達にお話を聞きながら摂取されたときの体と心の変化や気の重心を確認しました。水素系のサプリメントの商品名は「水の素」でSATOメソッドととても相性のあるサプリメントです。

ある程度体内に気エネルギーがたまっていれば水の素を摂取しただけで気の重心が下がってきて心身の緊張が緩むようです。解放感があります。SATOメソッドで気の重心が下がりにくい人にも有効ではないでしょうか。

ある患者Aさんの体験を紹介します。Aさんは水の素を午前10時に1粒摂取。(1日の摂取量2粒)「丹田」にあった重心が「膝」まで下がりました。サプリメント効果が発揮された瞬間です。10分後に1回「浄化・再生」を仕事をしながらコネクト。「足裏」まで下がりました。サプリメント効果で下がりやすくなったものと思います。

Aさんがサプリメントを摂取後、1時間後の重心の変化を確認しました。「足裏」を維持していました。この1時間の間に2-3回仕事をしながら「浄化・再生」をコネクトしたそうです。2時間後も維持していました。この間も2-3回、・・・ながら気功をコネクト。3時間後も「足裏」を維持していました。SATOメソッドとサプリメントとの併用が効いています。

4時間後になって「膝」まで上がってしまいました。サプリメント効果が少し落ちてきました。・・・ながら気功では限界のようです。そのあとに一旦仕事を止めてトイレの中で目を閉じて1分間自己トレーニングをしたら再び「足裏」に下がりました。

このような現象から気づいたことは、SATOメソッドの最大の特徴は・・・ながら気功です。仕事をしながら家事をしながら「浄化・再生」をコネクトすると気の重心が下がって、心身の緊張が緩み解放されることです。しかし、職場の環境の厳しさでそう簡単にはいかないことが多いのも事実です。

そこでSATOメソッドと相性の良い水素サプリメントを使って・・・ながら気功でも重心が維持できたことです。それでも環境要因で重心が上がってしまっても1分間の自己トレーニングで重心を下げることができたことです。

今回の実験や体験で学んだことは、あくまでも基本はSATOメソッドがベースになりますが、相性の良いサプリメントと併用すると相乗効果が安定的に発揮できたことです。

|

« SATOメソッドの応用 | トップページ | SATOメソッドと春ウコンとの融合 »