« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

2017/04/24

ストレスホルモンの影響と抑制

最近、ストレスホルモンという言葉を耳にします。昨年の12月12日(月)に発行したブログで情動ストレスが生体に与える影響について書きました。情動ストレスが大脳辺縁系を興奮させ、視床下部で多量のホルモンが放出され、自律神経系、内分泌系、免疫系に影響を及ぼすものと書きました。

特に内分泌系についてはストレスが慢性化すると副腎髄質が刺激された結果、アドレナリンの分泌が進んで血管を収縮、高血圧の状態に導きます。一方、副腎皮質が刺激された結果、コルチゾールが盛んに分泌され、胃や腸の粘膜細胞が弱まり、細菌を殺す際に活躍する免疫細胞の力を弱めてしまうと書きました。

しかし、これらの化学物質は緊急時には私達の体を守ってくれます。そのような生体機能も備わっています。

話しを最初に戻しますが、ある資料によるとイライラ、興奮、緊張のときはアドレナリンが分泌され、ガマンが長く続いている時はコルチゾールが分泌されるといいます。前者は緊張を外に出すことができますが、後者は緊張を内側に引き寄せてしまうイメージがあります。

コルチゾールはストレスホルモンともいわれ、最近医療の分野で注目されています。なぜ、注目されているかというと多量に分泌すると脳細胞が破壊されるからです。特に副腎皮質から大脳辺縁系にストレスホルモンが多量に流れていくと海馬が壊れてしまうことです。

精神神経免疫学ではイライラ・興奮・緊張時にアドレナリンが分泌されるタイプを「タイプA」といい、ガマンが続いてコルチゾールが分泌されるタイプを「タイプC」と呼んでいます。

海馬は五感情報を一度に集める記憶の指令センターといわれ、脳の中でもとても重要な働きをしていますが、90年代初期に私どもと東北大学と共同研究が行われたことを紹介します。

実験に使われた検査機器は臨床用の脳波計(19チャンネル 米国Biologic社製)とPET(米国CTI社製)です。結果はδ波優位のときは海馬の血流が増加。α波優位のときは偏桃体の血流が増加しました。

2000年代初期、SATOメソッドによってアドレナリン、ノルアドレナリン、そしてコルチゾールの分泌が抑制され、NK細胞が活性化されたことが確認されていますが、90年代初期にはすでに脳細胞の血流増加も確認されていました。

このような結果からSATOメソッドによってストレスホルモンが抑制または軽減されることが確認できました。実験結果については人体科学会第五回大会において、「気功と脳活動 EEGとPETによる画像化について」と題して発表されました。

|

2017/04/17

内側のストレスが心身に与える影響

1月30日(月)に発行した情念ストレスと病気との関係について、引き続き関連することを書いてみました。私達が受けているストレスは外側からくるストレス(物理的ストレス・化学的ストレス・精神的ストレスなど)だけではなく内側から入ってくるストレスがあることがわかっています。

一つは死霊(地縛霊・憑依霊など)からくるストレスです。もう一つは生霊からのストレスです。生きている人の深い情念によって起きうる現象だと思っています。心身の健康に悪影響を与えるだけではなく生き方にも影響を与える可能性があると思っています。

私は死霊より問題が大きいと思っています。中には本人が気がつかないうちに相手に悪影響を与えてしまっていることです。常に気の重心を下げていれば肉体と意識体との関係が安定的に保たれるのですが、重心が上がった状態が長く続くと感受性の高い人もそうでない人も霊的ストレスを受けてしまうことです。

実際にあったことをお話します。当センターに来院された患者Aさんは、毎日深夜に寝ていると「首を絞められているようなイメージや感覚」があったといいます。Aさんはある老人施設にヘルパーとして働いていました。

お話を聞いたり気のテクニックを活用してみると、ある高齢者BさんがAさんの心遣いに頼り切って、睡眠中でも熟睡できずAさんに想いを深く抱いていました。一方、Aさんも不可思議な現象によって熟睡できない状態でした。眠っても浅い睡眠状態であったのではないでしょうか。入眠時レム睡眠の可能性が高いです。

以前、SATOメソッドを使って肉体と意識体との関係性について実験をしたことがあります。①、肉体が覚醒している時は意識体は動きがありません。②、肉体が夢を見ている時は意識体は時空のない物質宇宙で活発に動いていました。③、肉体が熟睡している時は意識体は霊的宇宙で光をいっぱい受けていました。

このような実験結果からAさんもBさんも入眠時レム睡眠の可能性もあり、スピリチュアルな視点からみるとBさんの深い情念で、AさんとBさんの意識体が繋がり、Aさんの肉体に内側からの霊的ストレスが入ってしまったのでないだろうか。

その後、AさんはSATOメソッドを受療され、3回目で「足裏」に下がりました。4回目に来院されたときは熟睡ができるようになったといい、深夜の不可思議な現象は起きなくなったといいます。5回目のときは「宇宙の中心」まで下がり安定しました。その後の様子は聞いておりませんが、Aさんの重心が下がったことによってBさんの心身がいい方向に向かっていればいいなと願っています。

|

2017/04/10

SATOメソッドと春ウコンとの融合

3月20日(月)に発行した活性酸素を除去するサプリメントで、収縮気優位に導くウコン系のサプリメントを紹介しました。具体的には商品名は「水素春ウコン」で、特に春ウコンの成分がSATOメソッドと融合すると下丹田に強力なエネルギーとなって入ってきます。

4月3日(月)のブログで紹介した商品名「水の素」が深い瞑想へと広がる特徴をもっているとすれば、「水素春ウコン」は一般的気功の中でも強い気を出す気功師やヒーラの外気功を受けたような「ガツン」と下丹田に入ってくる感覚といいます。

例えば、末期がんの患者さんが回復したある本を読んでみるともっともすぐれた気功師やヒーラから強い気(熱い気ともいえる)を受けて丹田が充実し、がんが消えたことや深い瞑想を続けている内にがんが消えたことが書いてあります。今回紹介する水素春ウコンは前者になります。

実際、春ウコンに関しては末期がんを初め、糖尿病や自己免疫疾患など効果を発揮していることが詳しく書いてある専門誌「がんは癌にあらず」春ウコン研究会。で紹介されています。1日の摂取量が5g~10g、3ヵ月以上摂取したらがんが改善回復されたことがデータ的に書いてあります。

水の素が細胞の内・外側にある悪玉活性酸素を選択的に除去されることが強調されることに対し、水素春ウコンはあらゆる細胞の免疫力を高めることを強調しています。下丹田が充実することから腸管免疫力を高めるとも言えます。市場には免疫力を高めるサプリメントがたくさんあると思いますが、水素春ウコンのパワーは強く、腸内細菌のバランスを整える力があり、免疫力が高まるのかも知れません。

現在、複数の患者さんに試していただき報告を待っている状態です。

|

2017/04/03

活性酸素を除去するサプリメントpart2

3月20日(月)に発行した活性酸素を除去するサプリメントに引き続き複数の患者さんに協力して頂き、SATOメソッドを使ってサプリメント効果の実験を行いました。

今回はその中で実際に拡大気優位に導くサプリメント(水素系)を購入された人達にお話を聞きながら摂取されたときの体と心の変化や気の重心を確認しました。水素系のサプリメントの商品名は「水の素」でSATOメソッドととても相性のあるサプリメントです。

ある程度体内に気エネルギーがたまっていれば水の素を摂取しただけで気の重心が下がってきて心身の緊張が緩むようです。解放感があります。SATOメソッドで気の重心が下がりにくい人にも有効ではないでしょうか。

ある患者Aさんの体験を紹介します。Aさんは水の素を午前10時に1粒摂取。(1日の摂取量2粒)「丹田」にあった重心が「膝」まで下がりました。サプリメント効果が発揮された瞬間です。10分後に1回「浄化・再生」を仕事をしながらコネクト。「足裏」まで下がりました。サプリメント効果で下がりやすくなったものと思います。

Aさんがサプリメントを摂取後、1時間後の重心の変化を確認しました。「足裏」を維持していました。この1時間の間に2-3回仕事をしながら「浄化・再生」をコネクトしたそうです。2時間後も維持していました。この間も2-3回、・・・ながら気功をコネクト。3時間後も「足裏」を維持していました。SATOメソッドとサプリメントとの併用が効いています。

4時間後になって「膝」まで上がってしまいました。サプリメント効果が少し落ちてきました。・・・ながら気功では限界のようです。そのあとに一旦仕事を止めてトイレの中で目を閉じて1分間自己トレーニングをしたら再び「足裏」に下がりました。

このような現象から気づいたことは、SATOメソッドの最大の特徴は・・・ながら気功です。仕事をしながら家事をしながら「浄化・再生」をコネクトすると気の重心が下がって、心身の緊張が緩み解放されることです。しかし、職場の環境の厳しさでそう簡単にはいかないことが多いのも事実です。

そこでSATOメソッドと相性の良い水素サプリメントを使って・・・ながら気功でも重心が維持できたことです。それでも環境要因で重心が上がってしまっても1分間の自己トレーニングで重心を下げることができたことです。

今回の実験や体験で学んだことは、あくまでも基本はSATOメソッドがベースになりますが、相性の良いサプリメントと併用すると相乗効果が安定的に発揮できたことです。

|

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »