« 遺伝子のスイッチON・OFFには2種類ある | トップページ | 生きがい感・満足感に関する客観的データ »

2017/01/30

情念ストレスと病気との関係

 一般的にストレスには様々な種類があり、大きく分類すると物理的ストレス,化学的ストレス,精神的ストレスがあります。

 SATOメソッドはこの3つのストレスは時空のある物質宇宙で起きるストレスだと思っていますが、これ以外に時空のない物質宇宙からのストレスもあると思っています。SATOメソッドではそれを情念ストレスと呼んでいます。

 なぜ、そのように呼んでいるのかといいますと、人間の感情と想念が加わったある種の霊的エネルギーと思っているからです。

 時空のない物質宇宙については何度もブログで書きましたが、私達の意識体がいる世界であり、霊的宇宙に旅立つことができない意識体のいる世界でもあります。

 25年間患者さんを見ていると世間でいわれる精神的ストレスによる疾患だけではなく、一般的には考えなれない自覚症状や病気を患っている人が来院される場合があります。身体に現れる病気であろうと心に現れる病気であろうと治りにくい病気です。

 よく調べてみると患者さんの意識体と霊的宇宙に旅立つことのできない意識体と波長が合ってしまい、患者さんの意識体を経由して肉体に現れるケースです。

 もう一つは生きている人の意識体が情念となり、その意識体と患者さんの意識体と波長が合い、前者のように現れるケースです。一言でいえば「生霊」と言えるかもしれません。前者が「死霊」と例えるならば後者は「生霊」といえばわかりやすいかもしれません。

 具体的には、時空のある物質宇宙での連続的な精神的ストレスが重なり、ストレスが肉体から意識体に蓄積されます。そのときの気の重心(下丹田・中丹田・上丹田)が限りなく上がり、同時に意識体の気の重心も上がってきます。

 結果、患者さんの意識体が情念となり、すでに深い情念化している前者、後者の意識体と波長が合い、患者さんの意識体経由で肉体に現れるのではないかと思っています。

 2017年は政治や経済が大きく変わろうとしています。世界が益々格差社会へと変貌していくように思います。過度の人種差別ともいえます。取り残された人々の精神的ストレスは計り知れないでしょう。

 精神的ストレスが情念ストレスとなり、人間関係がより悪化し、世界が暴動化しないように願うだけです。あらたに原因不明の病気や治らない病気も増えるのではないだろうか。

 一方、報道によりますと温暖化が進み、新型ウイルスが発生する可能性が高くなるといいます。新型ウイルスの発生によって鳥インフルエンザ―が人間にも感染する恐れがあるともいいます。米国のトランプ新大統領は温暖化対策を撤回しようとしています。

 いづれにしても、すべて人間の意識が変わらなければ解決できない問題です。SATOメソッドはこのような状況下の中で微力ながら力を発揮したいと思っています。

 時空のある物質宇宙と時空のない物質宇宙に関しては、二つの世界で構成されるこの宇宙 http://www.satokiko.jp/?p=50 をご覧になってください。

 

|

« 遺伝子のスイッチON・OFFには2種類ある | トップページ | 生きがい感・満足感に関する客観的データ »